うがいでの吐き気はストレスの印!?


朝起きたときや夜寝る前、歯磨き・うがいをするときに「おえっ!」と、えずいてしまいませんか?または、喉からなにかがせり上がってくる……そんな感覚を覚えたことは、ありませんか?

これは「咽頭反射」といって、喉に異物が入ってきたときの、身体の反応です。つまり、自然現象。…ですが、毎朝毎晩「おえー!」と、えずくのはとてもとてもつらいこと。実際には吐かないとしても、えずいたり、吐き気がするだけでなんだかすごく疲れるますよね。

それに「全くえずかない人もいるのに、どうして自分だけ…」と、不思議に思います。どうして、あなたはえずいてしまうのか。

実は、あなたの「咽頭反射」が、ストレスによって、過敏になっている可能性があります。

とはいえ、それならストレスを解消しよう……と、そんなに簡単に解決できれば困っていませんよね。なかなか解消できないから、上手く付き合っていかなければならないのが“ストレス”。

それでは、厄介な吐き気をおさえるにはいったいどうすればいいのでしょうか。


スポンサードリンク

ストレス性の吐き気の対処法


吐き気が起きた、起こりそうなときは、“呼吸を意識する”と効果的です。

・鼻でゆっくりと呼吸する
・大きく、ゆっくりと呼吸する

歯磨きをはじめる前から行っても、有効ですよ。

歯磨き中は、意外に力が入ってしまっていて身体が固くなり、緊張状態になってしまっていることがあります。それでは、身体にストレスがかかり余計に吐き気を引き起こす可能性が高まるでしょう。とにかく、リラックスすることを心がけましょう。

「それでも吐き気がした!」という場合は

・洗面所や洗面器に向かって、下を向いて歯を磨く

これを試してみてください。ただ、歯磨き粉がダラダラと落ちてきますので、服を汚さないように気を付けましょう。

これは、吐き気を引き起こす原因が、喉に流れこんでくる歯磨き粉である可能性があります。口内のかたちが喉に物を流し込みやすく、自然と歯磨き粉がどんどん落ちて行っているのかもしれません。

咽頭反射が起こりやすくなっているとき、歯ブラシのヘッドが当たれば、もちろん吐き気が起こりますが、歯磨き粉や水でも、反応が起こる場合があります。

使っている歯磨き粉の量は、適量ですか?もし「少し多いかも…」と気づいたら、今日から少し減らしてみてはいかがでしょうか。流れ込む量が減るので、おすすめです。

ほかには

・歯ブラシのヘッドを小さいものに変える
・歯磨き粉を低刺激のものに変える
・歯磨きは食後に行う

など、さまざまな対策があります。


スポンサードリンク

可能性のある症状


なぜ、吐き気が起こるのでしょうか。さまざまな原因が考えられますが、生活習慣からくる調子の悪さとしてこんなものが挙げられます。

胃が弱っている

ストレスや食生活の乱れにより、胃が弱っている場合です。弱った胃は、食べ物を上手に消化できないため、胃に食べ物が長時間溜まります。歯磨きのとき、消化できていない食べ物が残っていると、胃は上から排出しようとしてしまい、吐き気が起こります。

自律神経が乱れている

ストレス、不規則な生活習慣、睡眠不足等により乱れるのが自律神経です。自律神経が乱れると、身体全身が弱ったような感覚(虚弱)になり、吐き気を引き起こしやすくなります。

たばこ

たばこに含まれるニコチンが作用し、吐き気を引き起こしやすくします。また、喉が荒れていることにより、咽頭反射が敏感になっている可能性があります。

あまりにも症状が重い場合は、以下の病気の可能性がありますので、病院の受診をおすすめします。

・食中毒
・胃腸炎
・くも膜下出血
・がん
・鼻炎
・過食症
・肝臓系の病気
・婦人科系の病気

まとめ

いかがでしたか?ストレスにより引き起こる吐き気の場合、対策のほとんどが、今日から行える手軽なものですよね。生活改善と並行して、ぜひ行ってみてください。



スポンサードリンク