ボディソープと石鹸~それぞれのメリット・デメリットとは?~

早速ですが、皆さん体を洗う時はボディソープ(液体石鹸)と石鹸(固形石鹸)どちらを使っていますか?私は、もっぱらボディソープです。初めから液状なので泡立てやすいし、使いやすいからです。

おそらく普段からボディソープを使用している方は同じ意見だと思いますが、固形石鹸の方が「皮膚(肌)によさそう」「体によさそう」と思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、それぞれの特徴とメリットとデメリットをご紹介します。


スポンサードリンク

ボディソープと石鹸のメリット・デメリット

まずはボディソープから見てみましょう。

ボディソープのメリット

・初めから液状なので便利
・香りの良い商品が多い

ボディソープは前述の通り、便利で使いやすいのが最大のメリットです。また近年は、良い香りの商品が増えてきました。さらに、含まれる成分にもよりますが、汚れを取る効果が高いとされています。

ボディソープのデメリット

・肌に良くない
・石鹸より価格が高い

まずボディソープは合成界面活性剤を使用しているものが多いため、皮脂に対しての負担が大きいです。そして合成界面活性剤を使用していない無添加のものを選ぶと、必然的に価格が高くなります。

また、ボディソープは様々な成分を含んでいるものが多いため、洗い残しには要注意です。逆に体に負担をかけたり、臭いの原因となったりする場合もあります。

続いて、石鹸を見てみます。

石鹸のメリット

・肌に優しい
・価格面での魅力

まず初めに、固形石鹸も合成界面活性剤を使用しているものがあります。ですが、伝統的な石鹸というのは、合成界面活性剤を使用していないため肌へのダメージが少ないです。

石鹸のデメリット

・使いにくい
・泡立てに時間がかかる

やはり固形なので、ボディソープと比べると多少の使いにくさがあります。また、泡立てなければならないので、すぐに体を洗うことはできません。まあ、これが固形石鹸の魅力と言えば魅力なのですが・・・。


スポンサードリンク

ボディソープと石鹸の違い

それぞれのメリットとデメリットを書いてみましたが、この両方の違いはどこにあるのでしょうか?これは“主成分の違い”と言えます。

ボディソープの主成分は、脂肪酸のカリウム塩です。これは水に溶けやすい特徴を持っています。それに比べて固形石鹸の主成分は、脂肪酸のナトリウムとなっているのです。これが大きな違いとなっています。

また、肌に良くない合成界面活性剤ですが、これはボディソープと石鹸のどちらにも使用しているもの、使用していないものがあります。そのため、一概に、石鹸だから肌に優しいということはありません。

まとめ

今回は、ボディソープと石鹸の違いについて書いてみましたがいかがだったでしょうか?

それぞれにメリットとデメリットがありますね。しかし、ボディソープか固形石鹸かよりも、成分が何かが大事なので、成分を見て決めなければならないことに注意しましょう。



スポンサードリンク