体臭の原因がわからない場合にチェックすべきポイント

よく体臭関係の悩みとして挙げられるのが、「その原因が分からない」ということだと思います。「ちゃんとお風呂に入って、体も毎日洗っているのになぜ?」という方も多いでしょう。

なので今回の記事では、原因が分からない場合に、ぜひチェックしておきたいポイントについて書いていきます。

体臭の原因が分からず悩んでいる方は参考にしてみてください。


スポンサードリンク

これは大きく分けて、

・脂質系
・タンパク質系
・糖(炭水化物)系

の3種類に分類することができます。

体臭の原因を探る前に、ご自身の体臭を知ることから初めてみてはいかがでしょうか?

これによって、おおよその原因が見えてくると思います。

ですが、一般的に自分の体臭というものは分からないものです。なので、これは家族や親しい人に聞く以外に方法はないでしょう。

体臭を消すために、勇気を持って聞いてみましょう。


スポンサードリンク

体臭の原因をチェック

自分の臭いがはっきりしたら、次は原因の解析となります。

脂質系

これは主に、汗や加齢臭などの臭いになります。この中では、「汗のような臭い」に当てはまる方が多いと思います。

この大きな原因は、ほぼ「ストレス」です。

もちろん食生活や生活習慣という要因もありますが、ストレスが溜まって血流が悪化することが体臭につながります。

タンパク質系

これに当てはまるのが、し尿臭や腐敗臭です。心当たりのある方もいると思います。

この原因は「肝臓」となります。肝臓機能が低下してくると、腸肝循環が上手く行われなくなります。

通常は臭いの原因となる物質を排泄させるわけですが、肝臓が悪くなると、これが上手に行われなくなります。そのため臭いの原因物資が、血流に乗って体中を巡り体臭となってしまいます。

糖(炭水化物)系

この糖系というのは、アンモニア臭発生させてしまいます。簡単に言えば、汗などの「ツンっ」という臭いですね。

この原因は、「血液の流れ」にあります。血液の流れが悪くなると、体中に行き渡る酸素量が減ってしまいます。

体内の酸素が減ってしまうと、汗腺が発汗してしまうため、体中にアンモニア臭が発生してしまいます。

まとめ

上記の3点を参考にしていただければ、体臭の改善方法も見えてくるかと思います。

脂質系ならストレス、タンパク質系は肝臓、糖系なら血液といった感じです。それぞれを正常に戻していくことで、体臭が軽減されていくと思います。



スポンサードリンク