汗のにおい対策に必要なものと臭いを消す方法

運動やスポーツで汗をかいてそのままにしておくと、汗臭くなってしまっていたと感じることがあるはずです。これから夏になり気温が高くなってくると普段から汗をかきやすい体質の人は対策をすることが必要になってきます。

夏を迎えると、本当に悩むのが汗のにおいですよね?すでに夏も近づいて来ているので、早急ににおいの対策をしなければなりませんね。

人と会う時に身だしなみには注意していても、汗の臭いまで気を付けている人は少ないのではないでしょうか。仕事などで、急に汗のにおいを除去したい時ってありますよね?ということで今回の記事では、汗のにおい対策について書いていきます。


スポンサードリンク

汗について5つのポイント

人間の持っている嗅覚は意外と敏感です。自分の臭いは気にならなくても隣に座っている人の汗の臭いは我慢できないものですから、社会人としてのエチケットとして汗の臭い対策をすることはとっても重要なことです。

自分の汗の臭いで周りの人たちに嫌な思いをさせてしまう失敗を防ぐためには、次の5つのポイントをチェックしておくことが効果的です。

・運動やスポーツで汗をかく習慣をつける
・汗で汚れた下着は早めに交換する
・ニンニクやスパイスの効いた食事は控える
・洗浄力の強すぎる石鹸ボディソープは使わない
・エアコンは出来るだけ使用しない

普段から体を動かして汗をかきやすい体質にしておくと、汗をかいてもサラサラした臭いの少ない汗に変化してくれるので、自分の臭いが気になる人は定期的に運動する習慣を身に着けるようにしてください。

また、汗をかいたときにいつまでも汚れた下着のままでいるのは、首の回りやワキの下がベタベタして気持ちが悪いだけでなく、汗臭い臭いの原因になるアンモニアを発生させてしてしまいます。


スポンサードリンク

やはり緊急対策は制汗剤

やはりそのような時は「制汗剤」が良いのではないでしょうか?現在は良い製品がたくさん出ていますので、これらを用いると良いと思います。

ですが、これらを用いる場合の注意点もあるので以下に書いていきます。

まず市販されている制汗剤やデオドラント剤には様々な効果が存在します。汗を抑えるもの、繁殖した雑菌を抑制するものなどが存在するので、これらは用途(自分がどうしたいのか)にいって使い分けるべきでしょう。

意図しない効果のものを使用しても仕方ないからですね。

また、制汗剤を使う場所にも注意が必要です。その理由は、制汗剤を多用し過ぎると、汗腺に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

汗のにおいを抑えるために重要なことは、汗をかいたらすぐに拭き取ることです。これを拭くのには、ハンカチではなくタオルがオススメです。この理由は、汗をかいた時に発生した成分を拭き取るためです。

この汗をかいた時に発生した塩分などは、雑菌を繁殖させることになるので、タオルが望ましいと言えます。この時にタオルは、固く絞ったタオルだと高い効果が期待できます。

まとめ

自分の体の臭いが気になるという人は、通勤や通学で汗をかいてしまった時用に、カバンの中ややロッカーなどに着替えの下着を携帯するようにしておくと便利です。

汗というのは臭いの原因になる困ったものですが、汗をかくことで体温の調節をしているという大切な働きもしています。制汗スプレーなどで汗が出るのを強制的にストップさせるよりも、普段から皮膚を清潔にして臭いの原因になる常在菌を退治しておきましょう。

ただし、あまり体臭を気にしすぎるのはかえって逆効果です、自分の臭いが相手に嫌な思いをさせていないか気を使ってあげるのが大人のエチケットです。



スポンサードリンク