お中元のマナー!結婚後はどうする?

毎年7月15日は中元と言われています。その時期になるとお中元を贈るようになりますよね。

しかし、お中元はただ贈れば良いというものでなくマナーがいくつかあります。とりあえず贈れば良いだろと適当にしてしまっては、失礼になってしまう恐れがあるのです。

そうは言うものの、まだあまりお中元を贈ったことも贈られたことも無いという方には、そんなマナーは詳しくわからないでしょう。そこでこれからお中元のマナーをいくつか詳しくご紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

結婚した人のお中元はどうするべきか

結婚したら、お中元は誰に贈れば良いのかと悩む方は非常に多いです。本来贈るべきだった相手に贈り損ねてしまいたくないですからね。しかし、お中元というものは、誰に贈るべきと決まっているものではありません。

ただ、一般的には両親や義理の両親、親戚に贈ることが多いようです。他にも兄弟や上司、同僚、そして友人など、贈る相手は幅広く存在します。そのため基本的には自分が贈りたいと思った相手に贈れば問題ありません。また、新婚であるなら仲人に贈る方も多いでしょう。

結婚後誰にお中元を贈ったら良いか迷ったら、とりあえず両親と義理の両親、親戚、そして仲人に贈ってみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク

お中元のマナー

お中元はただ贈れば良いというものではなく、マナーがあります。詳しく知らないと言う方も多いと思いますので、これからお中元を贈る際のマナーについてご紹介していきます。

まずお中元を贈る時期です。実は東日本と西日本ではお中元を贈る時期が微妙に違います。

・東日本:7月初旬~7月15日頃
・西日本:8月初旬~8月15日頃

1カ月ずれているので気を付けておきましょう。

お中元の中身もどんなものにすれば迷うかもしれませんが、夏ごろに贈るので涼しげなものが良いでしょう。例えばジュースやビール、そうめんなどが無難とされているので、何にしようか迷ったら参考にしてください。

ただし、相手の好き嫌いなどはきちんと把握するようにしましょう。贈った食べ物が苦手だった、またはアレルギーだったため食べられなかったとしたら、相手はあまり嬉しく思いません。喜んでもらうためにも、事前にある程度のリサーチはしておきましょう。

そして次に相場です。贈る相手によって価格の相場というものは変わってきますが、両親や仲人、上司などの目上の人には5,000円前後のものを、親戚や知人は3,000円前後のものを贈るようにしてください。

最後にのし紙のマナーです。赤金の水引で、結びは蝶結びのものを選ぶようにしましょう。もしもよくわからなかったら、お店の人に頼めば適切なものを選んでくれるので、困ったら頼ってください。そして、水引結び目中央上に「御中元」と書いて、中央下に少し小さめに名前を書きます。

これらのマナーをしっかりと守らないと、相手に不快な想いをさせてしまうかもしれません。相手に満足してもらえるお中元になるよう、マナーは覚えておきましょう。

まとめ

お中元はただ贈れば良いというものではありません。贈る時期、贈る物、価格の相場など、それぞれ適したものにしましょう。

基本的に誰に贈れば良いかは決まっていないので、自分が贈りたい相手に贈れば問題ありません。普段お世話になっている人や、親しい友人などに贈ってみましょう。

マナーを守ってお中元を贈ることによって相手にとても喜んでもらえるので、今回ご紹介したことを忘れないようにしてください。



スポンサードリンク