台風コロッケ騒動ってなに!?

台風コロッケが騒動になっていますね!え?台風味のコロッケがどこに売っているのかって?いえいえ、そんなコロッケはありませんよ。

じゃあ、台風の被害を避ける為の縁起担ぎ?いえいえそういう訳でもありません。でもこれから「台風コロッケ」が販売される可能性はありますね!縁起担ぎになるかもしれないし、台風味?!が出るかも?!

それほど今、台風コロッケは騒動になっています。品物のネーミングでもない「台風コロッケ」が何なのか?もうご存知の方もそうでない方も、台風コロッケをここでおさらいしてみましょう!


スポンサードリンク

台風コロッケの由来

まず、台風コロッケというコロッケが存在しているわけではありません。

コロッケは肉屋さんやコンビニで買い物ついでについついちょい買いしてしまう人気の総菜ですね。安いところだと50円~100円。買って家で食べるも良し、その場でホクホク食べても良し。日本国民に長年愛され続けているファーストフード。

大人も子供も大好き。家庭で揚げるコロッケの優しい味、肉屋のコロッケはお肉が美味しい事ももちろんですが、ラードで揚げた衣のサックサク感は何とも言えません!カボチャ味やチーズ味、カレー味などもありますが、プレーン味はみんなのアイドル!コロッケについて語り出したらとまりませんね。

2001年夏、大型台風が日本に近づくと、多くの人が非常食の備えを始めました。また台風と聞くと、ついワクワクしてしまう子供のようになんだか心がザワザワする人達はSNSにその気持ちを投稿。

ザワザワ、ワクワクする気持ちと共に「コロッケ」を食べたいという心理が微妙にシンクロし、「コロッケを念のため買ってきたが、もう食べている」という投稿に相当の共感、羨望の書き込みがあり、台風といえば「コロッケ」とネトウヨの間で大ブレーク。これが「台風コロッケ」の由来です。


スポンサードリンク

ネット発祥の台風コロッケはいつしか文化に?!

2ちゃんねるに2001年に上陸した台風号のスレで書かれた「念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べてしましました。」という書き込みから始まった台風コロッケ。

翌年、2002年の8月に来襲した13号でもコロッケが話題に。そしてコロッケ拡散は止まることなく、台風ではなく大雪の時にも非常食としてコロッケを買ってきた。などの書き込みがあったり、ついには「雨」でもコロッケを買って来てしまう書き込みも。

もはやコロッケはどんな天気でも「家から出たくない・出られない」時の非常食のような存在に。

そしてとうとう大手スーパーの「イオン」が乗り出します。2017年10月、台風21号の接近の予想を受け、イオンはコロッケの生産量を1.5倍に増やし、「台風にはコロッケ!」というキャンペーンを打ち出します。

台風が接近した21日と22日は四国と本州の対象店舗の多くで売り上げ5割増しとなり、想定したよりも早い時間に売り切れたと発表。

ネット発祥の「台風コロッケ」が今後、バレンタインやホワイトデー、父の日のように特別な日に買うものになる日も近いのではないでしょうか。

まとめ

「母の日のカーネーション」や「バレンタインデー」もたった一人の行動や思想から現在に至っています。たった一人のつぶやきによって「台風コロッケ」が文化になる日がおとずれてもおかしくありませんね。



スポンサードリンク