ハロウィンって日本はいつからなの!?

毎年秋になるとハロウィンの時期になりますよね。ハロウィンの時期になると街中なんかでは、若者たちがコスプレをして、お祭り騒ぎをしているのを見かけるかと思います。

そんなハロウィンは英語圏が発祥の地ですが、日本ではいつからこのハロウィンが定着しているのかご存知でしょうか?毎年当たり前のように行われているので実感がわかないかと思いますが、元々は日本では無かった文化です。

そこでこれから、ハロウィンがいつから日本で行われるようになったのかを詳しくご紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

ハロウィンとは

そもそもハロウィンがなんなのかって、いまいちわからないですよね。トリックオアトリートと言ってお菓子をねだるイメージの強いハロウィンですが、元々どういうきっかけで始まったものなのでしょうか。

まずハロウィンの起源は、アイルランドやスコットランドと言われています。古代ケルト人が、秋の収穫祭や悪魔払いの儀式として行っていたのがルーツです。

そして、その古代ケルト人は11月1日を新年としていて、大晦日にあたる10月31日は死者の魂が家族に会いに来ると考えていたため、このとき悪霊も一緒に来ると信じていました。その後ケルト人はキリスト教のカトリック系民族に侵略されてしまいますが、この風習はキリスト教に取り入れられたのです。

キリスト教では11月1日を諸聖者の日(All Hallow’s Day)と呼び、聖人と殉教者を記念する祝日としていました。そこにケルト人が10月31日に行う儀式が加わり、10月31日は諸聖者の前夜(All Hallow’s Even)と呼ばれ、それが『Hallowe’en』→『Halloween』となりハロウィンが生まれたのです。

ところで、ハロウィンでおなじみのトリックオアトリートやかぼちゃはなぜ定着したのでしょうか。先ほど少し触れたように、10月31日には悪霊が来ると言い伝えられていたので、トリックオアトリートはこの悪霊を追い払うための儀式でした。

子供たちが悪霊に変装して、「Trick or Treat(私たちをもてなせ、さもないと次の1年間惑わせてやるぞ)」と言い、「ハッピーハロウィン」もしくは「トリート」と答えて、お菓子を渡すことで悪霊を追い払います。これが定着して、子供たちにお菓子を渡すイベントとなっています。

そしてかぼちゃの中身をくり抜かれて顔を作ったものを「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれていますね。実はこれは元々かぼちゃではなく、ケルト人はカブを使っていたのです。

ケルト人はカブを魔除けとして使っていたのですが、ハロウィンがアメリカに伝わった時にアメリカではカブに馴染みが無かったため、代わりに大量に収穫されたかぼちゃを使い始めたのが始まりです。


スポンサードリンク

日本はいつからハロウィンの文化ができたのか

今では当たり前のように毎年行われていますが、日本ではいつからハロウィンが行われるようになったのでしょうか。実は日本のハロウィンはいつの間にか定着していたので、いつ始まったのか明確になっていません。

一応日本で最初のハロウィンのイベントは1970年代で、キデイランド原宿店がハロウィン関連の商品を販売しました。

そして1983年にキデイランドが「ハローハロウィンパンプキンパレード」を行いましたが、このときはまだハロウィンが日本に定着しておらず、参加者のほとんどが外国人だったようです。

そんなハロウィンが有名になったのは1997年と2002年のイベントでしょう。1997年にはディズニーランド、2002年にユニバーサルスタジオジャパンがハロウィンイベントをしたからです。明確な始まりはわからないですが、日本に広まったきっかけはこの両者のイベントではないかと思われます。

まとめ

ハロウィンは今では楽しいイベントとなっていますが、元々は儀式として行われていました。日本ではいつ広まったのか明確になっていませんが、現在ではSNSの普及もあり、かなり大規模なイベントなっています。

悪霊払いとして行われていることは少ないですが、元々はそういったものだったんだなと認識して、楽しんでしまいましょう。



スポンサードリンク