残暑見舞いの返事をメールで済ませる!?

残暑が厳しく長い年もあれば、冷夏からのそのまま秋なんていう不思議な夏もあり、残暑見舞いのお便りを出す時期って考えちゃいますよね。しかし、残暑見舞いの出す時期は決まっており、実は、その年の暑さや厳しさとは関係ありません(笑)

残暑見舞いを出す時期は立秋(8月7日頃)を過ぎてから8月末日までとされています。8月7日頃と言えばお盆前のまだまだ暑い時期なのですが、暦の上では秋を過ぎている為、「秋とは言え、まだまだ暑い日が続きますね」と相手の健康を慮るお便り、それが「残暑見舞い」にあたるのです。

まだまだ暑い日が続くのでは?と思われる真っただ中に、残暑見舞いも何もあったもんじゃないぞ!と思われる気持ちはよーくわかります。だから自分から出すのはなんとなく・・だったのに、送られてきたらどうしましょう?

時候に気遣いのある方は、立秋過ぎたらすぐに送付される方も多いですからね。心では残暑~?なのに返事を送らなければならない時、残暑見舞いはどんな感じで送るのがいいのでしょうか。メールはOK?今時の残暑見舞いについてご紹介したいと思います。


スポンサードリンク

返事はメールでもいいのか

葉書をもらったら葉書でお返事をとか、メールでのお便りは失礼にあたるのか?など、これだけメールという媒体が普及している昨今、何が失礼で何が失礼でないのか、考えてしまいますよね。

しかし、大切なのは「気持ち」ですよ!葉書にしようか?メールにしようか?と迷っている間に時期、季節を逸脱してしまっては、それが一番の失礼です。お返事どころではありません。

もらったメールやお手紙の返事はすぐに出すのがマナーです。つまり、そのお返事が葉書であってもメールであっても構わないのです。返事をしない、遅れるという事の方がマナー違反になりますので覚えておいて下さいね。

大切なのは「気持ち」のやりとりです。普段メールのやり取りがある方であれば、葉書で頂いたお便りのお返事をメールで送る事に抵抗を感じる必要はありませんよ。メールのやり取りが無いのにメールアドレスを知っているからとメールでお返事するのは、遠慮した方がいいですね。


スポンサードリンク

メールでの返事のマナー

メールのやり取りを普段から行う相手にも関わらず、相手が葉書で送ってくれたお便りが届いた場合で、メールでお返事する時には、メール文章中に「お葉書頂きありがとうございます」と、葉書で頂いたという意味はわかっているよ!という意味合いの文章を挿入するといいですね。

また、スマートフォンをお使いの方であれば、アプリを使ってお返事を送る事もできます。可愛らしい素材のものがたくさんあるので探してみて下さいね。しかし、お相手が「スマートフォン」であるかどうかは事前に要チェックですよ!

まとめ

毎日を忙しく送っている中に届いた葉書に、戸惑う方も多いのかもしれませんね。しかし、自分宛に相手が一生懸命書いてくれた葉書を受け取った時に、素直に「嬉しいな」という思いを持つと、ご自身の中での雰囲気が変わるはずです。

年中葉書や時候のご挨拶は「相手を慮って」出すものであり、リア充をひけらかすものではありません。どんな葉書を受け取っても、「相手は自分を慮ってくれたんだな」と感じる事が大切ですね。

そして、そんな相手に対して「お礼」を送る。という気持ちの表れが「お返事」なのです。
お礼はどんな形であれ「送る」という事が大切です。そのやり取りが人間関係を育みます。

もし、忙しくてうっかり返事を忘れてしまっても大丈夫。何度も言いますが大切なのは気持ちです。だいぶ遅れてしまったら「随分遅れてしまったが」「すでに季節は変わってしまっていますが」と接頭語を添えて、返事が遅れてしまった事をお詫びし、気付いた時にお返事すれば大丈夫です。最悪、年賀状で添えてもいいですね。



スポンサードリンク