残暑見舞いの書き方とは。先生におくりたい場合は?

立秋を過ぎ、暦の上では秋を迎えていても暑さとは続くものですよね。そんななかなか終わらない暑さを見舞う残暑見舞いですが、正しい書き方というのをご存知でしょうか?

卒業後にお世話になった先生などに送りたいとなったときってありますよね。しかし、正しい書き方を知らないと、せっかくの残暑見舞いを気持ち良く読んでもらえなくなる可能性があります。

そこでこれから正しい残暑見舞いの書き方をご紹介させていただきたいと思います。


スポンサードリンク

残暑見舞いの書き方

まず残暑見舞いは、立秋である8月7日頃を過ぎてから8月末頃までの時期に出すものです。それ以前に出すものは暑中見舞いとなるので気をつけましょう。

そしてまず残暑見舞いを書き始めるときには、「拝啓」や「敬具」といったような頭語と詰語を書く必要がありません。それではどのようなことから書き始めるのが良いかと言うと、暑さが残っている時期に相手の健康を気遣うような言葉から始めるのが良いとされています。

具体的に言うと、「残暑お見舞い申し上げます。暦の上では秋ですが、まだまだ暑さが厳しいです。お健やかにお過ごしでしょうか。」というような感じですね。あくまで例なので、暑さで健康を損ねていないか相手を気遣う書き出しとなっていれば問題ありません。

相手を気遣う言葉を書いたら、続いて自身の近況報告と、先方の健康を気遣う言葉も書いていきましょう。近況報告は味気ないものになってしまうといけないので、あまり省略し過ぎないように。先方の健康を気遣う言葉は「お身体にお気をつけください。」というような感じでOKです。

日付の書き方は「平成○○年立秋」、または「平成○○年晩夏」というように書きます。詳細な日付は書かないのが慣例となっているので気をつけましょう。


スポンサードリンク

立場によって変わる書き方

残暑見舞いは送る相手によって多少ですが書き方というのが変わってきます。特に目上の立場の人には、とにかく失礼の無いような内容にする必要があります。

今回は先生に対して送るときに気をつけたいことを考えていきましょう。先生というのは自分を指導してくださった方となるので目上の人になりますよね。仲の良かった気さくな先生であろうと、これまで指導してくださった相手なので、しっかり敬意を払うような文章にする必要があります。

基本的には先ほどご紹介した残暑見舞いの書き方になるのですが、卒業後に先生に送るとなると、しばらく会う機会が無かった人も多いのではないでしょうか。そこでまずは「ご無沙汰しております」という一言を忘れないようにしましょう。季節の挨拶をして、次に「平素はご無沙汰をしており、申し訳ございません」という文を入れておくととても丁寧です。

内容はやはり近況報告と、相手の健康を気遣う言葉を中心に書く必要があります。しかし、相手は先生であるため、自分をお世話してくれたことを感謝するのを忘れないようにしましょう。

そして近況報告の際には、自分が卒業してからどのように変化したのかを伝えるようにしてみてください。自分の教え子が成長してくれたと知ったら、先生は必ず喜んでくれるはずです。成長できたこととその感謝をしっかりと伝えましょう。

まとめ

残暑見舞いは、相手に失礼のないようにするのが最も大事なこととなります。特に目上の立場の人には最大限の敬意を払いましょう。

自分のお世話をしてくれた先生に感謝の気持ちを伝える機会は、学校を卒業し環境が変わってしまうとなかなかありません。ぜひ残暑見舞いという機会を積極的に有効活用し、自分を指導してくださった先生に感謝の気持ちを贈ってみてください。



スポンサードリンク