敬老会での挨拶の例文を紹介しちゃいます

高齢者施設で働いていたりすると、敬老会に参加しなければいけなくなるときがありますよね。そうは言っても敬老会に馴染みがなければ、どうすれば良いのかわからないものです。

敬老会に参加したことが無い人が特に悩むのは、挨拶で何を言ったら良いのかわからないということです。それでもせっかく参加するのであれば、ご高齢の方々に満足してもらうために、しっかりとした挨拶をしたいですよね。

しかし、どんなことを言うのが正解なのかわからないとお悩みの方がいらっしゃるでしょう。そこでこれから、敬老会の挨拶の例文などをご紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

敬老会とは?

そもそも敬老会とはなんなのか、はっきり知らない方がいるかと思います。これは関わる機会が無ければとことん縁の無い行事なので、知らなくても仕方の無いことでしょう。

敬老会は、老人たちに楽しんでもらう催しをする会のことです。だいたい敬老の日に合わせて行うので、9月の中頃に行われるでしょう。

どのようなことをするのかというと、老人たちに楽しんでもらうために、職員の方が様々な出し物をします。毎年飽きさせないためにも、どんな催しをするのかネタを考えるのに苦労する職員が多いようです。


スポンサードリンク

挨拶の例文

敬老会についてはご理解いただけたかと思いますが、そんな敬老会で悩むことは、何も出し物のネタだけではありません。最初にどのような挨拶をするのかも悩みの種になります。

気持ち良く敬老会を始めるためにも、挨拶は重要なことだからです。そこでこれから、その敬老会の挨拶の例文を紹介させていただきます。

例文

皆様、本日はお元気に敬老の日を迎えられたことを心からお祝い申し上げます。

皆様のお元気なお顔を拝見することができまして大変うれしく思っているところでございます。今の社会を築き上げてこられたのは他でもない皆様でございます。

このような素敵な社会を築きあげていただいたことによって私たちは健やかで、そして幸せに日々の生活を営むことができるようになりました。これまで社会のために貢献していただいたことを深く感謝し敬意を表する次第でございます。

これからも皆様がいつまでもお健やかに毎日をお過ごしいただき、そしてこれからも末長く指導してくださるようよろしくお願い申し上げます。

本日はそんな皆様にお楽しみいただけるように催しを用意させていただいたので、ぜひ楽しんでくださいますようお願い致します。

本日は皆様方が楽しいひとときを過ごされますとともに、お集まりの皆様方のご健勝をお祈り申し上げまして、私のご挨拶とさせていただきます。

本日はおめでとうございます。

敬老会の挨拶はこのように行いましょう。あまりオーバーな話し方をするのは好まれないとが多いので、さりげなくねぎらうのがポイントです。特に感謝の気持ち、今後の健康を願うことをしっかり伝えるようにしましょう。

しっかりとポイントを抑え、敬老会の主役であるご高齢の方々に満足してもらえるような挨拶にしてみてください。また、例文はあくまで例なので、自分が伝えたいと感じることがあれば、しっかりと伝えるようにしましょう。

まとめ

敬老会は老人にこれまでのことを感謝し、そして楽しんでもらうために開かれる会のことです。敬老会を楽しんでもらうためにも、最初の挨拶は入りとなるのでとても重要ですよね。

そのため挨拶は失礼の無いように、そして満足していただける内容にするようにしましょう。どんなことを言ったら良いのかわからないというのであれば、今回ご紹介させていただいた例文を参考にしてみてください。例文を参考に素敵な挨拶をして、敬老会を楽しんでもらいましょう。



スポンサードリンク