お中元のお返しにお礼状を書きましょう

だんだん暑くなってきてきて、いよいよ夏本番という感じがしてきましたね。この時期になると、お中元に何を贈ろうか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

筆者も、以前は会社の上司や先輩にお中元を上げました。お酒、ワイン、スイーツ、水ようかん、ゼリーなどなど、色々悩みながら「これは美味しそうだ!」とか「これは珍しい!」というものを贈っていました。

悩んでいる時間も結構楽しいのですよね。贈った後には「珍しいものをありがとう!」とか「美味しくいただきました!」とお礼を言ってもらえるので、贈ってよかったなとよく思ったものです。

中には、お礼としてお返しを贈ってくれる上司や先輩もいてちょっと恐縮してしまったときもありました。実は、お中元をもらった時はお礼状を出すのが正式なマナーなのです。

ただ、お中元の送り主は、普段は部下や後輩として接しているので、改まってお礼状と言われても、何を書けばよいか迷ってしまいますよね。今回は、お中元のお礼状の書式、書いた方がいい内容についてお話ししていきたいと思います。


スポンサードリンク

お中元のお返しに書くお礼状

まずは、お礼状として適切な書式は何か説明しましょう。お中元のお礼状として大切なのは、なるべく早いタイミングで出すことです。では、インターネット全盛のこの時代なので、Eメールで送るのが一番早いということになるのですが、メールでお礼状はあくまでも略式です。

正式なお礼状としては、やはり便箋を使用して、手書きで綴ることです。パソコンで文章を作ってプリントアウトしたものと比べ、手書きだとお礼状を受け取った方の感じ方が断然違います。

また、書き方としては縦書きにするのが基本ですが、横書きでも問題はないでしょう。もちろん、ハガキでのお礼状でも全く問題はありませんし、ハガキにおいても縦書き、横書きはあまり気にする必要はありません。。


スポンサードリンク

お礼状の内容に書いたほうがいいもの

次に、お礼状に書く内容についてお話していきたいと思います。決して堅苦しく考える必要はなく、自分の言葉で素直な気持ちを書くことが大切です。

では、どういう順序で書き進めていくのがよいのでしょうか。全体の流れとしては、まず時候の挨拶(季節を表す言葉)を書きます。みなさまもよく目にしたことがあるかもしれませんが、「盛夏の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」という形式的な表現や、「暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか」という柔らかめな表現です。お中元を贈る時期は夏になりますので、夏の暑さに関する挨拶文となります。

続いて、お中元を贈ってもらったことに対するお礼を述べます。例文としては、「さて、この度はご丁寧なお心遣いを頂き、誠にありがとうございました」や、「先日はお心のこもったお品物を頂戴し、本当にありがとうございました」といった具合です。この時に、もらった本人だけでなく家族も喜んでいることを伝えられると好印象です。

最後に、お中元の送り主の体調を気遣う言葉から結びの言葉で締めます。「まだしばらくは厳しい暑さが続きますが、体調にはくれぐれもお気をつけください」や「これから暑さが本格化しますので、みなさまどうぞご自愛ください」という表現で相手や家族の体調を気遣い、お決まりの「敬具」で締めくくります。

まとめ

ここまでお中元のお礼状の書式、お礼状に書くべき内容についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

普段は会社の部下や後輩にあたる人たちへのお礼状になりますので、ちゃんとしたお礼状を贈って、しっかりとしているところを見せたいですよね。また、お中元を上げる側の方々も、いつかはもらう側になることもあると思いますので、お礼状の書式と内容については、ぜひ参考にして頂きたいです。



スポンサードリンク