エアコンの使い始めは臭い!?

「エアコンの風が臭い…」付け始めのエアコンの臭いに悩まされている人は、意外と多いようです。

実はカビが原因で臭っていることもあり、放っておくと身体にも影響が出てしまうことになりかねません。また、部屋自体の臭いが原因になっていることも。

「臭いをなくして、快適に過ごしたい!」ということで、今回は、エアコンの風を臭わせないための対策についてご紹介していきます。


スポンサードリンク

エアコンを使い始める前の準備

エアコンからの嫌な臭い。1つの原因は、“部屋自体の臭い”です。

カビやホコリ、たばこ、食べ物の臭いなどが混じった部屋の臭いをため込んだエアコンからの風は、やっぱり臭く感じてしまいます。なんだか、考えただけでもどんよりしたイメージが浮かびますね…

“部屋の空気を綺麗にしておく”これを意識するだけで臭いはだいぶ改善されると思います。

こまめに換気をしたり、消臭剤を使ったりするのも効果がありますよ^^一人暮らしで社会人だったりすると、仕事の日はほとんど部屋を閉め切ったまま、なんて人もいますよね。

忙しくても、朝起きてからの歯磨きタイムなどを利用して、部屋の中の空気を入れ替えましょう◎私はいつも、網戸にして外を見ながら10分くらい歯磨きをしています…!10分間の換気でも効果があるので、忙しい人でも負担になりにくいかと思います^^


スポンサードリンク

臭くならないための対策

冷房を使ったあとは、30分~1時間程度、送風で運転を

部屋の臭いとは別にもう1つ、エアコンの臭いの原因になっているもの、それはカビです。

エアコンは、暖かい空気を吸いこんで、冷たい空気に変えて外に吐き出していますよね。このとき、エアコンの中には結露で水分が発生しています。水分があることで、カビを寄せ付けて、カビが住みついてしまうのです。

カビが原因となると、エアコンの風と一緒に吐き出されたカビを吸いこむことになります。それだと身体にも良くないので、臭いを感じる前に対策をとっておきましょう!

冷房をつけたあとは、しばらくの間、送風で運転をします。時間は30~1時間程度。そうすれば、室内温度とエアコンの冷却装置を同じにして、結露をなくして、カビが発生する原因を取り除くことができます^^

フィルターの掃除はこまめに

カビ対策として、もう1つ。エアコンのフィルターは、2週間に1回を目安に、こまめに掃除をしましょう◎

台所の近くのホコリの中には、カビが混ざっています。一人暮らしのお部屋だと、料理をする場所とエアコンのある場所が繋がっていることが多いですよね。カビが混じったホコリを吸いこんでしまったまま放置していれば、カビも繁殖してしまいます。

掃除するときは、目が詰まってしまわないように、掃除機は外側、水洗いは内側からするようにしましょう◎こまめに掃除をして、エアコンの内部にホコリなどを入れないようにするのが大事です!

業者さんにクリーニングをお願いする

エアコンがすでに臭っていて、その原因がカビである場合、フィルターを掃除するだけでは原因を取り除くことは難しいです。

奥の方まで黒く汚れたカビが見える場合は、自分で掃除しようとせずに、業者さんにエアコンのクリーニングをお願いしましょう。自力で取り除こうとするのはおすすめしません…

故障の可能性を考えると、やっぱりお金がかかっても専門家に頼るのが賢明です。

まとめ

以上、エアコンの臭いにおいの予防法や対策についてのご紹介でした^^臭いの原因は、部屋の生活臭やカビでした。

・部屋の換気
・冷房のあとの送風運転
・フィルターの掃除
など、臭ってしまう前に対策をとっておきたいところです。

すでに臭ってしまっていて、カビが見える場合は専門家にクリーニングのお願いを。



スポンサードリンク