エアコンの内部洗浄機能とは!?

エアコンを見ると、“内部洗浄”や、“内部クリーン”というボタンはありませんか?すべてのエアコンに付いているわけではないので、ボタンを確認してみてください。

この内部洗浄機能、文字だけを読むと、「エアコンの中を綺麗にする機能?」なんて思ってしまいそうですが、いったいどんな機能なのでしょうか?

中には、「内部洗浄機能があるからエアコンの掃除はしなくて大丈夫!」なんて思っている人もいるようですが、それは違います。勘違いしたままだと、エアコンの寿命を縮めてしまうことにもなりかねませんよ。

ということで今回は、エアコンの内部洗浄機能や、使う頻度についてご紹介していきます!


スポンサードリンク

エアコンの内部洗浄機能

エアコンの内部洗浄機能とは、大まかに言うと、「エアコンの中を乾燥させる機能」のことです。もう少し詳しくいえば、「フィルターやエアコンの内部のカビの繁殖、ホコリや花粉を内部に溜めないための機能」です。エアコンの内部を綺麗にする、という機能ではないので注意しましょう。

エアコンの内部に水分があると、カビの原因になってしまいますし、ホコリや花粉がこびりついてしまうことがあります。エアコンが汚れない状態を保つ機能、とも言えるでしょうか^^

エアコンの内部でカビが繁殖してしまうと、エアコンからの風の臭いが気になるようになったり、エアコンの風にカビが混じることでそれを吸いこみ体調にも影響がでることもあるので、エアコンを快適に使っていくには、内部に水分を残さないことが大事です。

内部洗浄機能では、冷房運転をした後、送風や暖房運転をして、ファンやエアコンフィンなどの内部を乾燥させます。ただし、すでに発生してしまったカビを取り除くことはできません…。

カビ対策としては、かなり効果はあるようですが、内部洗浄機能によって暖房運転になると、部屋の中の温度が高くなってしまう、というデメリットもあります。


スポンサードリンク

内部洗浄の頻度

冷房運転をしたあとは、その都度内部洗浄運転をするのをおすすめします◎さきほどもお話したように、エアコンの内部に水分を残した状態で放置してしまうと、カビの原因になってしまいますからね。

冷房運転をした後のエアコンの内部には、吸いこんだ空気を冷やす時に発生した結露によって、水分がある状態になっています。冷房を使ったあとは、エアコンの寿命のためにも、内部洗浄の機能を毎回行ったほうがいいでしょう。

ただ、デメリットとして挙げたように、内部洗浄は暖房運転になる場合があります。誰もいない室内ならまだいいですが、寝る前などはせっかく快適にした室内の温度が高くなると寝苦しくなってしまいますよね。エアコンを使った意味がなくなってしまいます。

もしも、冷房のあとの内部洗浄の風が暑くて不快、というのであれば、内部洗浄機能の代わりにできるカビ対策法もあります◎

①冷房を止める前、設定温度を高めにして運転する。
②冷房運転の後、送風に切り替えて30分~1時間程度運転する。

内部洗浄機能や送風運転を上手に使うことができれば、毎年エアコンを快適に使うことができますよ^^

まとめ

以上、エアコンの内部洗浄機能はどんな機能なのか、どれくらいの頻度で使うのかについてご紹介しました。

内部洗浄機能は、“エアコン内部を乾燥させる機能”のことでした。冷房運転をした後のエアコン内部は、カビの発生の原因になる水分がある状態になっています。内部洗浄機能や送風運転を使って、内部に水分を残さないようにしましょう。

きちんとお手入れをすれば、長い間エアコンを快適に使うことができますよ♪



スポンサードリンク