エアコンの冷房とドライの違いってなに?

いつもエアコンを使うとき、冷房のボタンを押しているのですが、ふと気になった“ドライ”の文字。試しにドライ運転してみたら冷たい風が吹いてきて、冷房と変わらないような?

冷房とドライ、2つの違いってなんだろう?ということで、今回は、エアコンの冷房とドライの違いについて、お話ししていきます。


スポンサードリンク

冷房とドライの違いとは

●冷房は部屋の温度を下げる機能

冷房は、部屋の“温度を下げる”ための機能です。部屋の暑い空気を吸いこんで、外に追い出し、冷たい空気を部屋の中に送っています。

●ドライは部屋の湿度を下げる機能

ドライは、“部屋の湿度を下げる”ための機能です。機種によっては除湿という表記になっている場合もあります。

梅雨の時期など雨が降った日は、部屋の中がジメジメして不快に感じますね。ドライ運転では、ジメジメの原因になっている空気中の水分を外に追い出しています。

その仕組みは、このようなイメージです。
・吸いこんだ空気を冷やす
 ↓
・結露が起きる
 ↓
・ホースを伝って、水滴を外に出す
 ↓
・部屋の湿度が下がって快適に♪

また、ドライ(除湿)には2種類あり、弱冷房除湿と、再熱除湿があります。

☆弱冷房除湿は部屋の温度も下がる

弱冷房除湿は、湿度を下げるために冷たくした空気をそのまま放出しています。そのため、“湿度と温度の両方”が下がります。我が家のエアコンも、この弱冷房除湿です。

☆再熱除湿は湿度だけを下げる

一方の再熱除湿は、部屋の“湿度だけ”を下げる機能です。再熱除湿では、湿度を下げるためにいったん冷やした空気を、あたためなおしてから放出しています。


スポンサードリンク

冷房とドライの使い分け

真夏の気温が高く、カラッとした暑さのときには冷房を。梅雨の時期や蒸し暑い日にはドライにして、使い分けると快適です。涼しくても、湿度が高いとなんとなく不快に感じますよね。

寝るときなんかも、設定温度を高めにしてドライ運転にしておくと、サラサラ快適で、しかも身体が冷えすぎません◎さらにいうと、ちょっと肌寒いけれどジメジメしている日には、再熱除湿を。蒸し暑い夏の雨の日には、弱冷房除湿を使う、という風に使い分けるといいですね^^

ただ、再熱除湿の機能が付いているエアコンはお高めなので、弱冷房除湿の場合が多いです。

冷房とドライの値段比較


いまご紹介した3つの機能を消費電力順に並べてみると、弱冷房除湿→冷房→再熱除湿になります。電気代も、消費電力に比例して高くなります。

機種によってもちろん違いはありますが、設定温度を24度、運転時間を1時間という条件では、弱冷房除湿が一番安くなります。

・冷房 12円
・弱冷房除湿 4.5円
・再熱除湿 16.3円

再熱除湿が高いのは、冷やした空気をあたためなおしている手間がかかっているからですね。そして、弱冷房除湿が思いのほか安いのにもびっくり!

料金に倍以上の違いがありますので、節約したい人は冷房よりもドライ機能を使った方がお得になります^^

まとめ

以上、エアコンの冷房とドライの違い、料金の違いなどについてご紹介しました。

冷房は部屋の温度を下げ、ドライは湿度を下げるための機能です。ドライはさらに、湿度だけを下げる再熱除湿と、湿度と温度を両方さげる弱冷房除湿の2種類がありました。

梅雨のジメジメにはドライを、真夏のカラッとした暑さには冷房を、というように使い分けをしましょう^^



スポンサードリンク