お中元とお歳暮に違いはあるの!?

お中元もお歳暮も「お世話になっている方へ感謝の品を送る」というイメージがありますが、そもそもはどちらも「神様への贈物」だったことはご存知でしょうか。

それぞれには儀式があり、神様へのお供えがされていたのですが、鎌倉時代あたりから徐々に儀式という習慣は廃れていき、知人・親戚には贈物をするという習慣だけが残り、現在のお中元とお歳暮につながっています。そしてそれぞれの持っている元々の意味はちょっと違います。

現在では「品物」を贈る習慣の一つとなってしまったお中元とお歳暮ですが、ここで少し掘り下げてお中元とお歳暮を振り返ってみませんか。神様への送り物だったお中元とお歳暮についてご紹介致します。


スポンサードリンク

お中元とお歳暮の違いとは

お中元とお歳暮は送る時期が異なるのはご存知ですね。一年を半分に区切り、前半、後半でそれぞれお世話になった方へご挨拶の贈物をする事を夏はお中元、暮れはお歳暮と言います。それぞれこれから迎える季節に対し相手を慮った贈物をしますよ。

お中元は「これからの厳しい暑さを元気でのりきって下さい」という思いをこめて、お歳暮は「一年間ありがとうございました。素敵なお正月をお迎えください」という思いをこめます。

それぞれの時期ですが、お中元は関東では7月上旬から15日ごろまでに、関西では7月中旬から8月15日までに贈るのが一般的ですが、どちらも贈る時期はどんどん早まってきていますね。お歳暮は12月13日までに贈るようにします。

日本昔話の「かさじぞう」というお話をご存知でしょうか。お正月の準備の為に大晦日にお爺さんが笠を売りに行きますが全く売れず、お正月の準備が出来ないまま帰路につく途中でお地蔵さんに笠をかぶせてあげたら翌朝(元旦)にお地蔵さんからお礼のご馳走が贈られた。というお話ですね。おじいさんのようなお宅もあれば、遠方の家族から「お正月用に」と品々が届く家も多かったのです。

このようにお歳暮は暮れにお正月用の品を贈る意味もありますので、お正月の「事はじめ」を行う12月13日ごろに到着するように贈るのがいいですね。


スポンサードリンク

お中元とお歳暮の由来

お中元やお歳暮の時期は、中国の道教の行事に由来しています。道教では1年を三元に分け(上元(6か月)、中元(3か月)、下元(3か月))それぞれを司る神様の誕生日を三元としてお祝します。彼らの誕生日はそれぞれ上元=1月15日、中元7月15日、下元=10月15日(いずれも満月)

中元を司る神は赦罪大帝。中元のお祝いには一日中火を焚いて死者の罪を赦す事を願い、生をなす人は贖罪(償いの物によって罪を許される)をしたのです。日本でも夏には盆踊りなど先祖を迎える儀式がもともとあった為、道教が日本に伝来する頃、中元が日本で定着するのは容易い事だったのです。償いの物を供える習慣が現在のお中元になったのです。

お歳暮の習慣はこの三元が基礎になっているというより、日本古来よりある、年神様(その家に1年の幸をもたらす神)へのお供えが後のお歳暮に繋がったと考えられています。年神様への贈物は、年神様のお神酒のつまみになるような物が多く、お酒や塩鮭など日持ちのするものが多かったようです。

まとめ

お中元もお歳暮もそれぞれ、これから迎える季節に対して相手を敬い、心遣い、幸を祈る贈物ですね。お中元だから〇〇とかお歳暮だから〇〇というより、贈る相手の事を、より深く考え物を選ぶのが良いでしょう。

ただし、プレゼントという趣旨のものではないので季節に配慮したものがいいですね。また、相手に対し、感謝の思いと相手を慮る一筆が添えられていると尚いいです。



スポンサードリンク