いま話題のスポットクーラーをダスキンでレンタルしてみよう!

夏といえば、花火大会や夏祭り、BBQに海水浴、プールなど、さまざまなイベントが盛りだくさんな季節です。しかし、日本は夏場に吹く季節風の影響によって高温多湿の気候となるため、まるでサウナのなかにいるように蒸し暑く、夏バテや熱中症などで体調を崩してしまう方もたくさんいます。

夏バテや熱中症を防ぐためには、蒸し暑い夏をいかに涼しく快適に過ごすことができるのかがポイント。

日本では、古くから暑い夏を乗り切るために、うちわや扇子などのアイテムが利用されてきましたが、現代ではエアコンや扇風機、冷感スプレーなど画期的なアイテムを使って乗り切るのが定番。

なかでも、暑がりなお父さんを中心に注目を集めている「スポットクーラー」は、冷やしたい場所を指定して冷やすことができるため、工場などの広い空間で、しかも人が居るエリアが限られている場所では、たいへん重宝します。

けれど、エアコンがあるのに、スポットクーラーを買う必要はあるのかと疑問に思っている方もたくさんいると思います。そこで、今回は、スポットクーラーについて徹底解説してゆきます。


スポンサードリンク

スポットクーラーとは?

スポットクーラーとは、移動式の簡易な小型のエアコンのことです。家庭用エアコンは壁に取り付けて使用するタイプのため、賃貸住宅にお住まいの方は、大家さんや不動産屋さんにエアコンを設置するための許可を取らなければなりません。

しかし、移動式のスポットクーラーは、エアコンの取り付け工事が不要のため、エアコンの取り付けができない場所に設置することができます。さらに、高い工事費用も一切発生しないため、購入したその日から使うことができるだけではなく、お財布にも優しいという特徴があります。

スポットクーラーは、主に工場などの広い空間で、人が居るエリアが限られている場所をピンポイントに冷やすことができるエアコンですので、暑がりのお父さんや一人暮らしの社会人、学生さんのあいだで注目が集まっています。

ただ、スポットクーラーは、エアコンと室外機が一体化しているため、冷たい空気と温かい空気が一緒に出てきます。そのため、排熱対策をしっかりと行わないと、いつまで経っても室内が涼しくならないので要注意です。


スポンサードリンク

スポットクーラーは購入前にダスキンでレンタルするのがお得!

スポットクーラーには、業務用と家庭用の2タイプあり、業務用のほうが、家庭用に比べてサイズが大きく、対応電圧が100Vとやや高めです。家庭用のコンセントがあればどこにでも設置することができるのですが、排気ダクトを外へ向けて設置しないと、室内がまったく涼しくならないので注意しましょう。

スポットクーラーの電気代は、ノズルが1つ(1人用)の場合、1日200円ほどであり、1ヶ月25日稼働させた場合、およそ5000円の電気代が発生します。

冷房能力は、「kw」の数字が高ければ高いほど、パワフルになるのですが、業務用ならば2.5kw、家庭用ならば0.7kw~2.0kwのスポットクーラーを選ぶのが、理想とされています。

ですが、お家にエアコンがあるのに、スポットクーラーを設置する意味はあるのかと、疑問に思っている方もたくさんいると思います。そこで、まずはスポットクーラーとは、どのようなものなのかを体験するために、ダスキンのスポットクーラーレンタルを利用するのがオススメです。

ダスキンのスポットクーラーのレンタルについて

ダスキンでは、スポットクーラーを1泊2日 10,800円でレンタルしています。

ガレージの整理をしたい、夏のイベントにスポットクーラーを使いたい、エアコンが壊れてしまったなど、エアコンが設置されていない場所やエアコンがあるけど動かすことができないときに、ダスキンのスポットクーラーは、たいへん重宝します。

[ダスキンのスポットクーラーのレンタル料]
レンタル料金 1泊2日:10,800円
追加料金1日:2,160円
※消費税の端数処理によって、表示料金と各店舗からの案内料金が異なる場合があります。

まとめ

スポットクーラーの購入をお考えの方も多いと思いますが、メーカーごとに機能や性能が大きく異なります。

最近では、暖房機能や除湿機能など、1年を通して使うことができる万能スポットクーラーも登場していますので、購入する前にそれぞれのメーカーから発売されているスポットクーラーの性能や機能を確認しておくことをオススメします。



スポンサードリンク