浴衣にも着方がある!?気を付けたい左右

ひとりで着るにはちょっと難しい浴衣。浴衣でお祭りに行くときは、髪の毛のセットと一緒に美容院で着つけを予約している、という人も多いかもしれませんね(*^^*)

でも、コツを覚えれば、1人でも浴衣は着られるようになりますよ!もちろん、お子さんに着せてあげるのだってできます^^浴衣を着てお出かけするのを楽しみにしているお子さんのためにも、綺麗に着つけしてあげたいですよね◎今回は、そんな浴衣の着方をご紹介していきます!


スポンサードリンク

左右どちらを前にすればいいのか

まず、浴衣の着つけで迷うと言えば、“左右どちらを前にするか”問題ですね。おそらく、誰もが迷うと思います…私もいまだにどちらが前だったか忘れてしまいます。

着物も同じですが、浴衣を着るときには“左”を手前にします。

洋服はボタンの位置が男女で変わりますが、和服は男女で左右が変わることはありません!なので、みんな“浴衣は左が手前”です。

しかもこれ、“生きている人”は左が手前で、“死んだ人”は右が手前です。もしも、間違って右を手前にしてしまうと…縁起が悪くて「早死にする」とも言われています。このことを知っている人から見れば「あっ…」と思われてしまうので、間違えないように注意しましょう☆

お子さんに着せてあげるなら、なおさらですね。知らないうちに恥ずかしい思いをしないように、気をつけておきましょう♪

何度もいいますが、“浴衣は左が手前”です!


スポンサードリンク

綺麗な着方

それでは浴衣の着方に移ります◎今回は、ひとりでも着られるように、動画もひとりで着つけするバージョンをご紹介しています♪

着つけ参考動画
https://www.youtube.com/watch?v=hdGAwZ6w8gw

①浴衣を羽織って、浴衣の裾の長さを合わせる

浴衣の襟の先を両手で持って、足元の長さを調節します。持つところはどこでもいいですが、だいたい全体の3分の1のところ、腕を伸ばして肘が曲がるくらいのところを持つといいと思います◎

両手を広げて、まずはかかとの方から、位置を合わせます。くるぶしが隠れるくらいのところに来るようにすると見た目が良くなりますよ^^

②襟を閉じる

位置が決まったら、腰のところにあててずれないようにしながら前を閉じます。ひとりで着るときは、先に紐を持っておくと良いですね◎

襟は、浴衣は左が手前で、男女で違いはありません^^前は、後ろよりも少しだけ上の位置にしておくと着崩れしにくくなります◎

右手から先に折り込んで、左を上にして前を閉じます。腰の部分をしっかりと固定しましょう◎

③紐で固定する

浴衣の位置がずれないように注意しながら、ウエストのところで紐を結びます。

④折り目を綺麗に整える

紐の上から、胸の部分の浴衣の余っているところを綺麗に折ります。両脇に隙間があるので、そこから手を入れて綺麗に折り目をつけましょう◎変な折り目がつかないように、しっかりと整えます。

⑤襟を整える

胸のところは、ゆるくなるとだらしない印象になってしまうので、きちっと着ます。

反対に、襟の後ろの部分は、きっちりと着るよりも、“こぶし1つ分”の余裕を持たせた方がた目がよくなります!背中のところを引っ張って、位置を合わせましょう。

⑥もう一度、紐で結ぶ

帯を締める前に、余っている浴衣の上からもう一度紐で結びます。襟の位置も、きちっとなるようにもう一度整えましょう◎

⑦帯を締める

浴衣が着られたら、帯を結んでおしまいです☆

まとめ

以上、浴衣の着つけの仕方についてご紹介しました!

間違えやすい、浴衣の左右。男女関係なく、みなさん“左が手前”になりますので、間違えないようにしましょう(*^^*)

浴衣はだらっと着るよりも、きちっと着た方が見た目もかっこいいです!着崩れしやすいので、しっかりと紐を結んで着付けしましょう!

きつく結びすぎて、気持ち悪くならないようにだけは気をつけてくださいね…!



スポンサードリンク