水着はいくつになっても着たい!水着の選び方、40代編

梅雨が明けていよいよ夏本番ですね。夏の楽しみと言えば何と言っても海水浴やプール。広いビーチやプールでは、気分も開放的になりますし、みんなで思いっきり遊んだり、海やプールて水遊びすると、日ごろの疲れやストレスを一気に吹き飛ばしてくれますね。夏休みになったら家族で水遊びに行くというお母さん方も多いのではないでしょうか。そんな海水浴で最も重要なアイテムといえば、そう、水着です。

ただ、40代に突入した女性、とりわけお子さんを持つお母さん方は、「今更水着なんて」とあきらめながら、Tシャツと短パンをビーチやプールサイドで過ごそうとしていませんか。せっかくの海やプール、子供たちだってお母さんと一緒に水に入って遊びたいですよね。

遊ぶとなったら、Tシャツと短パンは脱がないといけません。それなら自分に合った水着を着て思いっきり楽しみたいですよね。思いっきり遊べれば、子供たちにとってもいい夏休みの思い出になります。

でも、20代の頃と違うので、どういう基準で水着を選べばいいか分からなくなっている方もいるでしょう。というわけで、今回は40代の水着の選び方と40代に合う水着の色についてお話していきたいと思います。


スポンサードリンク

40代の水着の選び方

まずは、水着の選び方について見ていきましょう。せっかく選ぶので、水泳教室などで使われるスポーツ水着や、おばさんっぽいものは選びたくないですよね。とはいえ、ハイレグやセクシーすぎる水着もちょっとイタい感じになってしまいます。

20代の頃と体型が変わらないお母さん方もいらっしゃるとは思いますが、あまりセクシーすぎる水着を着ても、周囲に変な目で見られかねないですよね。ましてや、ちょっと体型が変わってしまったお母さんがセクシー路線に行ってしまうと目も当てられません。

ということで、40代の方の水着を選ぶおすすめのポイントとしては、肌を隠し過ぎないこと、お母さんらしさを残すことです。

水着のタイプでいうと、まずワンピース水着がおすすめです。気になる腕まわりやお腹まわり、太ももをしっかりカバーしつつ、ふんわり胸元を見せるようなデザインになっているので、おしゃれ感を演出できます。

次のおすすめとしては、タンキニ水着です。やっぱり可能な限り体型をカバーしたいという人には、お腹、二の腕、腰、おしりをカバーしてくれるこの水着がおすすめ。もちろん海やプールに入るときにはTシャツを脱ぎますので、適度に肌の露出がでて、ちょうどいい見た目になると思います。


スポンサードリンク

40代に合う色とは

40代の方々の水着選びは、水着のタイプだけではなく、色も重要なポイントになってきます。自分に似合う色を選ぶことが大切ですが、明るい色を選んでしまうと太って見えてしまうので、体形をカバーしたいという方には明るい色(暖色系)はおすすめできません。

さらに、明るい色となると、どうしても若い人が着るイメージがあるので、40代の方々には、黒やネイビーブルーなどの濃い色の水着をおすすめしたいです。これら寒色系の色は、細見え効果がありますし、黒やネイビーは「大人の女性」感を出す色としては、もってこいだと思います。

まとめ

ここまで40代の水着の選び方と40代の方々に似合う色についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。「歳をとってしまったから」とか「どうせ水遊びをするのは子供だから、私が水着で頑張っても」と考えてしまうと、せっかくの海水浴やプールも楽しめなくなってしまいます。

事前にしっかり水着を選んでおいて、子供たちに素晴らしい夏休みの思い出をつくってあげてくださいね。



スポンサードリンク