浴衣にも着方のアレンジができる!?

梅雨が明けていよいよ夏本番ですね。学生さんたちは長い夏休みに気分が高揚していることでしょう。日中はプールや海水浴で、暑さを忘れて気持ち良く楽しむことができますね。夜になれば、夏祭り、縁日、花火大会などのイベントごとがあり、思い出作りには一番いい季節と言っても過言ではありません。友達同士でお祭りを楽しんだり、カップルや男女のグループで花火大会に行くこともあるのではないでしょうか。

そんな夏祭り、花火大会で最も重要なアイテムといえば、そう、浴衣ですね。現在はバラエティーに富んだ色や模様の浴衣があるので、女子たちにとっては、どれを選べばいいか迷う一方、選ぶのも夏祭り前のひとつの楽しみですね。

ただ、単に浴衣を着るだけではもったいない。着方にもこだわって、女性らしさを際立たせ、友達をアッと言わせたり、気になる異性にアピールしたいところです。でも、浴衣にも着方のアレンジはあるのでしょうか。というわけで、今回は浴衣の着方のアレンジと、意外と知らない着方のアレンジ方法についてお話ししていきたいと思います。


スポンサードリンク

浴衣の着方のアレンジ

まずは着方のアレンジについてですが、その前に浴衣を着るのに必要なアイテムをおさらいしていきましょう。言わずもがなですが浴衣と帯ですね。つづいて、帯周りの小物です。帯の結び方や種類で小物が必要になるからです。

下着や肌着も浴衣には必須アイテム。下着は普段のものでもいいですが、ブラジャーはワイヤーなしがいいでしょう。肌着は浴衣専用のものが望ましいですが、キャミソールでも代用できます。

あとは、着付け用のひも(2、3本)、体型補正用のタオル、下駄やバッグ、ヘアアクセサリなどのアイテムもありますね。

これらのアイテムを駆使して浴衣を着こなしていくのですが、定番のアレンジはやはり「帯の結び方」ですね。

どんな浴衣でも合わせやすい「蝶結び」は、浴衣初心者の女性でも安心してできるアレンジ。自分の体型に合わせて蝶の羽の大きさをアレンジすることで、より素敵に着こなすことができます。

「文庫結び」も最初に覚えてもらいたい伝統的な帯の結び方。どちらかというと若い女性の帯の結び方と言われていますが、今では幅広い年齢の方がやっています。

その他、きりっとしていてクールな印象を与えることが出来る一文字結びや、着くずれ知らずで、抜群の安定感を誇る貝の口結びなど、色々な帯の結び方があります。


スポンサードリンク

意外と知らないアレンジ方法

浴衣の着方アレンジは、帯の結び方以外でも工夫することができます。例えば、着物風に襟元を詰めて着つけると、より上品な印象に仕上がります。

また、体型によっても着こなし方をアレンジすることができます。下着、肌着を使って美しいシルエットになるように着こなすこともできます。ぽっちゃり体型や胸が大きい女性は、和装ブラジャーを使って胸元を出来る限りフラットにすると、浴衣を着た時のシルエットがすらっとして綺麗に見えると思います。

浴衣を着た後は、小物をそろえて一工夫してみましょう。おすすめは和柄の巾着袋。夏らしいカゴバッグに巾着を入れてみると、単に巾着を持つよりもより一層新鮮に見えます。アクセサリーの定番ですが、扇子を持つのもいいですよね。

まとめ

今回は浴衣の着方のアレンジと、意外と知らない着方のアレンジについてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか。浴衣を着ると、それだけで女性の魅力が何倍にもなります。自分に合った着こなし方とアレンジで、夏の浴衣ライフを満喫して、素晴らしい夏の思い出を作って下さい。



スポンサードリンク