浴衣の髪形アレンジは子供でもしたい

梅雨が明けていよいよ夏本番ですね。子供たちは、1か月の長い夏休みに気分がうきうきわくわくしていることでしょう。日中はプールや海水浴で、暑さを忘れて気持ち良く楽しむことができますね。夜になれば、夏祭り、縁日、花火大会などのイベントごとがあり、思い出作りには一番いい季節と言っても過言ではありません。

そんな夏祭り、花火大会で最も重要なアイテムといえば、そう、浴衣。現在はバラエティーに富んだ色や模様の浴衣があるので、お子様、特に娘さんがいるご家庭にとっては、どれを選べばいいか迷う一方、子供に似合った浴衣を選ぶのも、夏祭り前のひとつの楽しみですね。

そして、浴衣を着たのであれば、髪型もしっかりとアレンジして、いつもよりもちょっぴり大人にしてあげたいですよね。とはいえ、お母さん方にとっては、ご自身の髪型アレンジもあるので、子供のセットに長い時間をかけるわけにはいきません。それでも、適当にセットしてしまい、すぐに崩れてしまうアレンジもできないし。

そこで、今回は簡単にできる子供の髪型アレンジ動いても崩れにくい髪型についてお話ししていきたいと思います。


スポンサードリンク

簡単にできる子供の髪型アレンジ

では、浴衣に似合う子供の髪型にはどんなものがあるのでしょうか。ここでは、ミディアムヘアの場合とショートヘアの場合のアレンジについてお話ししていきます。

ミディアムヘアの簡単アレンジ

なんといっても定番は「くるりんぱ」ですね。結んで真ん中に入れるくるりんぱがスタンダードですが、サイドにもってきてくるりんぱすると、いつもと違う大人な雰囲気が出て浴衣に合うと思います。

二つ目の簡単アレンジヘアは「お団子スタイル」です。お団子の名の通り「和」のテイストが出るヘアスタイルで、大和撫子感を演じることができます。

三つ目のスタイルは、これまた定番「ポニーテール」です。やっぱりポニーテールの女の子って可愛らしいですよね。ポニーテールは簡単に出来るし、和の柄の浴衣にも、洋の柄の浴衣にも合うので、まさに現代版の浴衣用ヘアスタイルです。

ショートヘアのアレンジ

ハーフアップをしてあげられるといいのですが、ちょっと時間がかかってしまいますよね。ですので、簡単にできるアレンジということであれば、リボンや髪飾り、ヘアピンなどのアイテムでスタイリングするのがおすすめです。

例えば、サイドの方に若干のカールをかけてあげてから、髪飾りやリボンをしてあげると、いつもと違うよそ行きの感じが出て、子供たちのテンションも上がると思います。ヘアピンを使う時には、両側に使うのではなく、片方だけ留めて耳を出して、もう片方は耳を隠すというアシンメトリーなスタイルで、大人っぽさを出せるでしょう。


スポンサードリンク

動いても崩れにくい髪型

ここまで紹介してきたヘアアレンジも、決して崩れやすいというものではないのですが、出来るだけ崩したくない、崩れてほしくないにアレンジしたいということであれば、一番のおすすめは「編み込み」のヘアアレンジです。

くるりんぱやお団子、ポニーテールなどのアレンジと比べると、若干時間がかかってしまいますが、ひとたび編み込みにしてしまえば、激しい運動でもしない限りはほぼスタイルが崩れることはないでしょう。歩きが主体となる夏祭りや花火大会であれば、崩れを気にすることなく楽しめると思います。

また、編み込みは先に紹介したくるりんぱやお団子などのアレンジと組み合わせることができます。「お団子&三つ編み」のコンビネーションにすると、和の雰囲気が一気にかもし出され、抜群の大和撫子感が出てくるでしょう。

まとめ

今回は、浴衣に合って簡単にできるヘアアレンジと、動いても崩れにくい髪型についてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか。こうしてみると、子供の髪型も手軽に色々アレンジできますね。

子供たちに楽しい夏休みの思い出をプレゼントするために、特にお母さん方にはひとつ美容師さんになった気持ちで、子供たちのヘアアレンジを頑張って欲しいなと思います。



スポンサードリンク