浴衣を着ているときの髪型を三つ編みでアレンジ

梅雨が明けていよいよ夏本番ですね。学生さんたちは長い夏休みに気分が高揚していることでしょう。日中はプールや海水浴で、暑さを忘れて気持ち良く楽しむことができますね。夜になれば、地元の夏祭り、縁日、花火大会などのイベントごとがあり、思い出作りには一番いい季節と言っても過言ではありません。

そんな夏祭り、花火大会で最も重要なアイテムといえば、そう、浴衣ですね。現在はバラエティーに富んだ色や模様の浴衣があるので、女子校生たちにとってはどれを選べばいいか迷う一方、選ぶのもの夏祭り前のひとつの楽しみです。

そして、浴衣を着たのであれば、髪形もこだわって女性らしさをより一層アピールしたいところですよね。ただ、夏祭りや縁日、花火大会に行くきっかけも、友達との予定が合ったり、その時のノリだったり様々なので、髪形をセットするといってもどんなアレンジにすればよいかわからないもの。そんな時の活躍するのが、「三つ編み」です。


スポンサードリンク

浴衣に三つ編みでアレンジ

三つ編みは全世界に共通している髪型ですが、なぜか「和」の感じが出ますよね。そして、よそ行きの髪型としてもピッタリなスタイルなので、浴衣を着た時も三つ編みにしない手はありません。

でも、「三つ編みって髪が長い人しかできないのでは?」と思う方も多いのではないでしょうか。でも、意外とショートカットでもアレンジができるのです。例えば、前髪部分を三つ編みしてみると大人な雰囲気が出るので、浴衣を合わせて、ひと夏限定の大人の女性を演じることができます。

ショートボブになると、後ろ髪も少し長くなりますので、後ろでもばっちり三つ編みでアレンジすることができます。ロングヘアの人なら、もう何も言うことありませんね。時間はかかってしまうかもしれませんが、三つ編みって長ければ長いほど清楚な感じが増すので、しっかりと編みこんで大和撫子を演じたいものです。


スポンサードリンク

簡単にできる三つ編みの一工夫

それでも、ただ編みこむだけでは、みんなと同じになってしまうのでつまらないですよね。というわけで、ここからは三つ編みにひと工夫加えたヘアアレンジについてお話ししていきたいと思います。

一つ目は、三つ編みをポニーテールにしてしまうアレンジ。三つ編みの清楚さ、上品さとポニーテールの可愛らしさが見事に共存して、夏祭りで男子の視線を釘付けにできるのではないでしょうか。

そしてこの「三つ編み+ポニーテール」のアレンジ、ロングヘアの人だけのものではないのです。テールの長さはロングヘアの人に比べて短くなってしまいますが、ボブの人でも三つ編みとポニーテールのコンビネーションでアレンジすることが出来ます。きっちり三つ編みにするのではなく、少しルーズな感じで短いポニーテールを作ると、大人っぽい落ち着いた雰囲気が出せます。

ロングの人はツインテールを試してみると大人可愛い感じのアレンジになります。ツインテールの場合は、リボンなどのヘアアクセサリーを付けてみると良いアクセントになり可愛らしさが増すと思います。

二つ目は三つ編みをした後に、ねじってアップする、いわゆるお団子を作るアレンジです。私も「三つ編み+お団子」のコンビネーションを見たことがありますが、両方とも「和」の様相を呈しているので、浴衣でこのアレンジをされると大和撫子感が半端なくて、どきどきしてしまう男子もいっぱいいるのではないでしょうか。

まとめ

今回は浴衣を着た時におすすめの三つ編みアレンジと、簡単にできる三つ編みの一工夫についてお話ししましたが、いかがだったでしょうか。可愛い浴衣と三つ編みでこの夏を思いっきり楽しんで、いい思い出をたくさん作って下さいね。



スポンサードリンク