浴衣着たらハーフアップしたい!ショートでもできるヘアアレンジ

梅雨が明けていよいよ夏本番ですね。学生さんたちは長い夏休みに気分が高揚していることでしょう。日中はプールや海水浴で、暑さを忘れて気持ち良く楽しむことができますね。夜になれば、夏祭り、縁日、花火大会などのイベントごとがあり、思い出作りには一番いい季節と言っても過言ではないですね。

そんな夏祭り、花火大会で最も重要なアイテムといえば、そう、浴衣。現在はバラエティーに富んだ色や模様の浴衣があるのでどれを選べばいいか迷う一方、選ぶのも夏祭り前のひとつの楽しみですね。

そして、浴衣を着たのであれば、髪形にもこだわって、女性らしさをより一層アピールしたいところ。ただ、夏祭りや縁日、花火大会に行くきっかけも、友達との予定が合ったり、その時のノリだったり様々なので、髪形をセットするには長さが足りないショートカットの女子たちもいるでしょう。

せっかく浴衣を着たのに髪形をアップにできないなんて・・・、とあきらめてはいけません。ショートカットでもできるヘアアレンジがあるのです。というわけで、今回はショートでもできるハーフアップ浴衣に合うハーフアップについてお話ししていきたいと思います。


スポンサードリンク

ショートでもできるハーフアップ

まずは、ショートカットでもできるハーフアップについてですが、意外とバリエーションが豊富なのです。

定番は、トップにボリュームをつけてハーフアップにするスタイル。トップをねじってヘアピンで留めると、すっきりとして見えます。この定番スタイルでも、ストレートヘアか、毛先にカールをかけているかで見た目の印象も違ってきます。ヘアピンで留めるのではなく、リボンをプラスするなどアイテムで勝負してもいいですよ。

続いてのハーフアップスタイルは、トップをまとめてお団子を作ってあげるスタイル。ショートボブの子がお団子を作っているのも可愛らしく見えますね。ヘアゴムを使ってぴったりしすぎないようふわっとしたお団子を作るのがポイントです。

そして最後はこれまた意外かもしれませんが、ショートヘアでポニーテールを作ってしまうスタイル。もちろん、ショートヘアなのでテール(しっぽ)は短いのですが、そこはアップの定番ポニーテール。ショートでもテールがあれば可愛らしく見えます。


スポンサードリンク

浴衣にあうハーフアップ

ショートでもバリエーションが豊富なハーフアップですが、浴衣に合うとなるとどんなアレンジがあるのでしょうか。やはり浴衣なので、和風アレンジのお団子のハーフアップは浴衣に合うと思います。

ただ、単純にお団子を作るだけだとインパクトが薄いので、浴衣を着ているときにこそできるヘアアクセサリーを使ったアレンジがおすすめです。大きめなお花のヘアアクセサリーを付けると、ばっちり大和撫子感を演出できると思います。浴衣の色とアクセサリーの色を統一させるのも可愛らしく見せる手法ですよ。

もうひとつ、浴衣に似合うハーフアップスタイルとしては、アップした髪を編み込む方法。三つ編みは世界共通と言えども、なんとなく和の感じがしますよね。編み込みアップも浴衣にばっちり合うでしょう。

また、今は色々な考えがあるかと思いますが、浴衣を着るときはなるべく黒髪でいるほうが日本人らしくていいなと思います。

まとめ

ここまでショートカットでもできるハーフアップ、浴衣に合うハーフアップについてお話してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。これだけ豊富なバリエーションがあれば、いつ夏祭りや縁日、花火大会に誘われても怖くないですね。ハーフアップをばっちり決めて、夏の夜を思いっきり楽しみましょう。



スポンサードリンク