クーラーボックスのおすすめを紹介。それで釣りに行こう!

釣りに行くのにクーラーボックスは欠かせません。釣りは早朝から夕方まで一日かけて行う時もあります。飲み物など長丁場になる為の栄養補給の保存箱としても重要。もちろんそればかりではありませんね!釣った魚を入れて帰る為。

オケラで帰る日もあるかもしれませんが、イザという時にクーラーボックスが無かったら、魚は持って帰る術が無いのです。

いにしえの時代、クーラーボックスなんていう便利アイテムは無かったわけですから、魚が食べられる地域は海や川のそばだけでした。内臓を取る、シメる、燻製にするという技術や鮨の普及によって遠方でも食べられるようになりました。そして現代人はクーラーボックス。江戸の人が喉から手が出るほど欲しかったのは恐らく夜道を照らすランプの他、クーラーボックスだったことでしょう。

さて、魚釣りをするのが初めての方必見のクーラーボックスに関する情報をご紹介したいと思います。


スポンサードリンク

おすすめのクーラーボックス

まず、クーラーボックスはどこで手に入るのでしょう。行楽用であれば、大型スーパーでも手に入るかもしれませんが、魚釣り用のクーラーボックスは魚釣り道具専門店で手に入れるようにしましょう。

まず重視したいのが保冷力。夏場の熱い時期、保冷力が弱いクーラーボックスに魚を入れておくと、魚が腐ってしまう可能性があります。また、保冷力に比例してクーラーボックスは丈夫に作られていますので、椅子としても大活躍。

キャンプ用などのクーラーボックスはピンキリで、「抜群の保冷力」と記載があっても水などを冷やす程度の保冷力しかない場合もあります。保冷力についてはしっかり釣具店のお店の方と確認をして購入するようにして下さい。

次に形などの付加価値を見てみましょう。キャリーがついているものは便利でおすすめです。また、底に水抜きの栓があるものも良いですね。蓋が丸ごと取れるものは洗う時に便利です。


スポンサードリンク

クーラーボックスと魚の大きさ

クーラーボックスの大きさは、魚の大きさに合わせて選ぶようにします。内寸やリットルで大きさの表示がされています。外寸は魚にはあまり参考になりませんから、内寸表示を見て下さい。

自分が釣る魚のサイズを目安に選びましょう。最初に購入する時は初心者なので、小さいサイズのものでいいかもしれません。

大物を狙うのであれば、まあまあ大きさがあり、深いものを用意しましょう。クーラーボックスの内寸より大きい魚が獲れた時、横に寝かせられなくてもちょっと折り畳んだ様子で詰めることができます。尾なんて切っちゃえばOK。

慣れて来たら、しっかりとした大きいサイズを購入しましょう。お子さんと行く時はお子さんが持って帰れるように、小さめのクーラーボックスがあるといいですね。

まとめ

クーラーボックスを用意するだけでも、この中にどんな魚が入るのかとワクワクしますね。
また、魚の大きさや生息地などを調べる事も魚を釣るという醍醐味の一つ。魚にあった捕り方があり、保存の仕方があるのです(最終的にとても大きなもので保冷力が高ければ何でもいいのですが、素人はそうはいきませんものね)。

そして、ご自身の移動手段によっても購入する形容が決まってきます。車移動の方であれば多少大きい物を購入しても、駐車場まで何らかの方法で魚を移動させられればいいので釣り場にはバケツでOK。

電車移動の場合は最終的に魚と氷と水の入った重いクーラーボックスを持って帰る事になるかもしれません。臭い、漏れ、重さをしっかり計算に入れて選ぶようにして下さいね。



スポンサードリンク