サンタクロースのサインの書き方って知ってる?
クリスマスと言われたらみなさんは何を思い浮かべるでしょうか?プレゼントやトナカイ、クリスマスツリーなど色々あるかもしれませんが、一番はやはりサンタクロースではないかと思います。

そんなサンタクロースのサインの書き方って知っていますか?子供へのプレゼントの横にサンタクロースのサインを置いておいたら、きっととても喜ぶことでしょう。そこでこれからサンタクロースのサインについてご紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

サンタクロースって何人いるの?

そもそもサンタクロースって何人いるのか知っているでしょうか?「1人じゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことは無いんです。

実は、世界中になんと120人もいます。とても多いのでこれには意外に思う方も多いかもしれません。最初から120人いたわけではなく、最初はたったの1人だったようです。どのようにして120人も増えたのか、1つの説をご紹介します。

グリーンランドには永遠の命を持つ人物がいました。その人物こそがサンタクロースです。

サンタクロースは、昔は1人で世界中の子供たちにプレゼントを配っていたのですが、それがだんだん難しくなってきました。そして1957年に『グリーンランド国際サンタクロース協会』なるものを設立したのです。

そのグリーンランド国際サンタクロース協会によって公認されたサンタクロースが、120人いると言われています。確かに世界中の子供たちにたった1人で対応するのは大変そうですよね。人手を集めてサンタクロースが増えていったんですね。

ちなみに北欧のデンマークやスウェーデンなどを中心に様々なサンタクロースがいるのですが、アジア地域にはたった1人しかサンタクロースがいません。そのアジア地域のサンタクロースは日本人だと言われています。アジアを代表して日本からサンタクロースががんばっていると聞くと、なんだか誇らしく感じますよね。


スポンサードリンク

サンタクロースのサインの書き方

それでは本題のサンタクロースのサインの書き方をご紹介していきます。子供の夢を壊してしまわないためにも、本当にサンタクロースが書いたかのようなサインを書きましょう。

とはいえサンタクロースのサインは特別難しいものではありません。「Santa Claus」と筆記体で書くだけです。筆記体で書くのが難しいのであれば、パソコンなどで筆記体のフォントで入力するのも良いでしょう。

そして内容は子供でも読める日本語でも問題ありません。「サンタさんは日本語も上手なんだよ」とでも子供には説明しておけば良いです。

どんな内容にしても問題ありませんが、例として挙げるのであれば「いつも学校でお利口にしているね!」なんて書くと子供は喜ぶかと思います。

また、子供にして欲しいと思うことがあれば、それも手紙に書いてみても良いでしょう。例えば「ごはんは好き嫌いしちゃダメだよ」と書いておけば、子供の好き嫌いが改善されるかもしれません。

サインをしっかり書くことによって、本物のサンタクロースを演出して子供が喜んでくれるクリスマスにしてみてください。

まとめ

サンタクロースは世界中に120人もいます。世界中の子供たちはクリスマスの日には、サンタクロースがいつ来るかと今か今かと待ち構えるでしょう。

そんなクリスマスを待ち望んでいる子供たちをもっと喜ばせるためにも、サンタクロースの手紙を用意しておきましょう。あたかも本当にサンタクロースからメッセージが届いたと思い、子供は間違いなく大喜びしてくれます。



スポンサードリンク