ハロウィンでの魔女衣装の作り方は簡単!?

子どもたちから、『今年のハロウィンで魔女の衣装を着たい』とお願いされたものの、「市販の魔女衣装では、他の子どもたちと被ってしまいそう、だけど、お裁縫が苦手だから自分で作るのはムリ」と、お悩みのパパやママも多いのではないでしょうか。

けれど、魔女の衣装であれば、お裁縫が苦手なパパやママでも、コツさえ掴んでしまえば、意外と簡単に作れてしまう優れもの!

そこで、今回はハロウィンイベントやパーティに参加する子どもたちにピッタリな個性あふれるステキな魔女衣装の作り方をご紹介します。


スポンサードリンク

簡単にできる魔女衣装の作り方

必要な道具

・黒や紺の膝丈ワンピース
・シンプルなデザインの黒カチューシャ
・厚手の赤いフェルト
・グルーガン ※無ければ、針と糸
・竹ぼうき

魔女衣装の作り方

①厚手の赤いフェルトを正方形にカットします。

②リボンのかたちになるよう、フェルトを整えます。

③帯状にカットしたフェルトをリボンの中心部に巻き付け、カチューシャの中心部から少し横にずらした部分にグルーガンを使って固めます。
※グルーガンが無いときは、針と糸を使い、カチューシャに縫い付けてください。

④ワンピースを着て、カチューシャを付けて、手に竹ぼうきを持ったら、魔女衣装の完成です。


スポンサードリンク

トンガリ帽子やマントには、ワンポイントをプラスしよう!

魔女のシンボルといえば、トンガリ帽子にマントを忘れてはいけません。けれど、シンプルな黒色のトンガリ帽子とマントでは、個性をキラリと光らせることはできませんよね。

そこで、子どもたちの好きな色のリボンやホイル折り紙を用意して、帽子やマントにワンポイントをプラスするのがオススメです。

帽子にくるりとリボンを巻くのも良いですが、ここは、リボンを斜めに折り上げてアクセントを付けておくと、オシャレ度をアップさせることができます。

マントには、ホイル折り紙で作った星やハートのモチーフを両面テープで張り付けたり、色とりどりの布用スタンプ台をつかってデコレーションすると、個性的なデザインのハロウィン小物が完成します。

まとめ

ハロウィンのイベントやパーティに着ていく魔女衣装の簡単な作り方をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

市販の魔女衣装も可愛くてステキなのですが、魔女の仮装はとっても人気が高いため、市販の衣装では被ってしまうことも少なくありません。どうしても、魔女の衣装を手作りするのが難しいときは、市販の衣装にリボンやホイル折り紙、布用スタンプ台などを使って、ほんの少しアレンジを加えることで、個性を出すことができます。

ぜひ、今年のハロウィンは、個性あふれるステキな魔女衣装で、ハロウィンイベントやパーティに参加してみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク