ハロウィンパーティで行うゲームで幼児も笑顔!?

10月31日は、ハロウィン!ハロウィンといえば、いつもよりお菓子がちょっぴり多く食べられるため、保育園や幼稚園に通っている子どもたちのあいだでは、クリスマスや誕生日と並ぶほど、人気の高いイベントとなっています。

今年のハロウィンは、おじいちゃんやおばあちゃん、ママ友を招待して、面白いゲームやおいしいごちそうを用意して、アットホームなハロウィンパーティを開催して、もっと楽しい時間を子どもたちと過ごしてみてはいかがでしょう。

そこで今回は、幼児も楽しめる、ハロウィンパーティにピッタリな面白いゲームと子どもたちが怖くて泣き出さないための工夫をご紹介します。


スポンサードリンク

幼児も楽しめるハロウィンゲーム3選!

ハロウィンパーティでは、オバケや魔女、ドラキュラなどに変身した子どもたちと一緒に、カボチャをたっぷり使った料理や甘いお菓子を食べて過ごすのが定番となっていますが、これでは、子どもたちもすぐに飽きてしまいますよね。

そこで、幼児から大人まで楽しめるハロウィンにちなんだユニークなゲームで、ハロウィンパーティを、もっと盛り上げていきましょう!

Apple Bobbing

ハロウィンの本場では、ハロウィンパーティのときに「Apple Bobbing (アップルボビング)」というゲームを楽しむそうです。

ルールはとっても簡単で、大きめのタライやバケツなどに水を張り、キレイに洗ったリンゴを浮かべて、それをくちでくわえて取るだけ。個人戦やチーム対抗戦など、さまざまな楽しみ方ができるゲームなので、とってもオススメです。

アップルボビングをより楽しむコツは、リンゴのヘタをくちでくわえやすいように、ヘタ部分が上になるように水に浮かべること。

ただ、アップルボビングは、くちの力だけでリンゴをもちあげなければならないゲームなので、アゴの力が弱い幼児たちにとっては、ちょっぴり難しいかもしれません。

そんなときは、ちょっぴり小さめのタライやバケツに水を張り、子どもが食べやすいサイズにカットしたリンゴを浮かべて、誰が1番早くリンゴが食べられるかを競い合うようにすると、子どもたちも楽しめることも間違いなしです。

オバケ的当てゲーム

むかし、夏祭りなどでよく見かけた「射的」のようなゲーム「オバケ的当てゲーム」は、幼児から大人まで楽しめる人気のゲームです。

遊び方は、とっても簡単で、まず、子どもたちに好きなオバケを描いてもらいます。次に、スコアを書いた段ボールにオバケを貼り付け、少し離れたところから、オバケに向かって子どもたちにボールを投げてもらうだけです。

倒れたオバケのスコアの合計点を競い合うゲームですので、個人戦やチーム対抗戦など、さまざまな遊び方ができるのも魅力的です。

スコアの合計点に応じてお菓子をプレゼントすると、子どもたちのやる気もアップしますよ。

目玉リレー

小学校の運動会などで人気の高いピンポン玉をスプーンで運ぶ競技をハロウィンパーティ仕様にアレンジしたゲーム「目玉リレー」も、幼児から大人まで楽しめるゲームです。

目玉リレーの魅力は、ピンポン玉に目玉を描き、ゴールまでスプーンで運んでゆくだけのお手軽さにあります。個人戦とチーム対抗戦、どちらにも対応できるのも嬉しいですね。

また、目玉リレーは、制限時間内にどれだけたくさんのピンポン玉をゴールまで運ぶことができるか、旗などの障害物を用意して、ピンポン玉を落とさずに運んでゆくなど、ゲームのアレンジもできますので、ハロウィンパーティ参加者人数に合わせて、オリジナリティあふれるルールを作ってゆけるのも、このゲームのポイントとなっています。

けれど、幼児がゲームに参加するときは、あまりにもグロテスクな目玉模様を描いてしまうと、子どもたちが泣き出してしまいますので、オレンジ色のピンポン玉にカボチャオバケの顔を描くのがオススメです。


スポンサードリンク

ゲームに参加している幼児たちを怖がらせない工夫

ハロウィンパーティでは、ホラームードを出そうと、気味の悪い演出をしてしまうパパやママもたくさんいますが、あまりにもホラームードを出し過ぎてしまうと、保育園や幼稚園に通っている幼い子どもたちが泣き出してしまいます。

おじいちゃんやおばあちゃん、ママ友たちを誘って、アットホームなハロウィンパーティを開催するのであれば、マスキングテープやカラフルな布などを使って、お部屋のなかをオシャレに飾り付けしたり、食べてしまうのがもったいないほどキュートなデコレーションがほどこされたハロウィン料理やスイーツをたくさん用意して、子どもたちを安心させてあげるのがポイントです。

ゲームで使用する道具にも、子どもたちを怖がらせないように、可愛らしいオバケや魔女のイラストを用意するなどの工夫が大切です。

まとめ

ハロウィンパーティといえば、仮装やハロウィンにちなんだ料理やお菓子を用意することばかりに気を取られがちですが、アップルボビングやオバケ的当てゲーム、目玉リレーなどのユニークなゲームで、イベントの雰囲気を盛り上げてエキサイティングにするのも忘れてはいけません。

今回は、幼児から大人まで楽しめる面白いゲームを3種類ご紹介させて頂きましたが、他にも「Guess the Monster Parts」や「Harry Potter」など、さまざまなゲームがありますので、子どもたちの年齢に合わせて、ゲームの内容を変えてゆくと、よりハロウィンパーティが盛り上がりますよ。



スポンサードリンク