紅葉が見れる!?東京の穴場の公園

山々が色づき、麓の木々も色とりどりにに紅葉する頃は、日本人に生まれて良かったなぁと改めて思う季節ですよね。紅葉と書いて「もみじ」と読むもみじの紅葉は殊更美しく、「紅葉狩り」なんて言葉もある程です。

もちろん紅葉の葉だけが紅葉の楽しみではありませんね。つつじ、ニシキギ、ハナミズキ、ヤマボウシ、ナナカマド、銀杏、ブナの木など、紅葉する木は日本の各地に生息しています。

それぞれを見事にあしらった庭園が多くある京都、広々とした自然を楽しめる北海道、湖との対比が美しい福島など紅葉の名所はその時期になると観光客で溢れかえります。

しかし、紅葉する木は何も名所だけにあるものではありません。普段の通学路や通勤で通る道、近所の公園もそれはそれは綺麗に紅葉しているものです。ちょっと覗いてみるとそこには美しい紅葉の景色がありますよ。

それでは東京にお住まいの方が「ちょっと」の動きで見れる紅葉の美しい場所をご紹介したいと思います。


スポンサードリンク

紅葉の見頃

まず、東京の紅葉の見ごろはというと、9月下旬から11月中旬となります。

東京は東西に長く渡っている為、西の方が比較的早く紅葉します。また、西北に高い山がある為、そちらは千葉に近い方と比べるとうんと早い紅葉の時期を迎える事になりますよ。

どの場所にいても見ごろなのは10月の体育の日以降ですね。

東京最北端の酉谷山は奥多摩にあります。そこから順に紅葉が南下していきますよ。ちなみに酉谷山は埼玉県秩父のあたりにも属していますから、もしその頃に訪れるなら防寒対策が必要です。そしてその頃の奥多摩近辺は高尾山も含め山々が紅葉しますね。


スポンサードリンク

東京にある紅葉の見れる公園

奥多摩の山々を訪れるハイキングのハードルが高い方には、東京にある紅葉が見れる公園にピクニックやお散歩に訪れて頂く事をおすすめします。東京はビルばかりかと思われがちですが、意外と緑が多い事でも知られています。

上野恩賜公園

特におすすめなのがパンダでも知られる「上野」の「上野恩賜公園」。春は桜の名所ですが、秋は紅葉の名所となります。

また、上野恩賜公園のシンボルとも言える西郷隆盛の像、国立西洋美術館のロダン像の後ろには銀杏の木がそびえたち、絶好の紅葉スポットとなっています。その他、国立博物館、東照宮も紅葉スポットですね。

六義園

駒込にある「六義園」には庭園があります。上野の銀杏やケヤキと異なり、モミジが見事ですね。東京の紅葉は京都の紅葉と異なり葉が小さくキラッキラした印象です。

11月初旬にはライトアップ期間もありますので是非チェックしてみて下さいね。

日比谷公園

銀杏と紅葉のコントラストが美しい「日比谷公園」もおすすめです。そしてそこからちょっと足を延ばすと「皇居東御苑」があります。

その名も「紅葉の林」という場所があり、モミジ、カエデ、コナラやクヌギなどが見事ですね。

等々力(とどろき)

都心から少し西へ行くと「等々力(とどろき)」という場所があります。23区内の世田谷区に位置するのですが、谷沢川の流れに沿って渓谷がある、「等々力渓谷公園」は滝や日本庭園もあり、紅葉だけでなく歴史や東京にいながら大自然が楽しめるおすすめスポットとなっています。

ただし、公園という名のかなりの大自然ですのでくれぐれも歩きやすい靴でお越しくださいね。

まとめ

東京にはまだまだたくさんの紅葉スポットがあります。ビルばっかりの東京と思われがちですが、そもそもお江戸のおひざ元。豪士が住まい、文豪が住まい、軍人が住んでいた地域。

大きな区画がそのまま明治、大正、昭和に引き継がれるものの、子孫へ譲られる事無く、国に譲られて公園になっている所も多々あり、それらが公園として整備されているのです。かつての名士達は京都のような庭園を自宅、もしくは別宅にあしらっていました。

おかげ様で現代の私たちが訪れるそれらの公園が、秋の紅葉時はとても美しい姿として残っているのは嬉しい事ですね。



スポンサードリンク