床暖房とエアコンのランニングコストに差はあるのか

日本の気候の特徴と言えば、なんといっても「夏は暑くて、冬は寒い」ですね。夏はクーラーがないと生きていけないほどの暑さなので、四六時中クーラーを入れっぱなしで、電気代がかさんでしまいますよね。秋になってクーラーをつける必要がなくなったなと思ったら、すぐさま冬の寒さ対策で光熱費が家計を圧迫していきますね。

冬の暖房器具といいますと、夏のクーラーや扇風機と違い、色々な種類がありますが、定番はエアコンか床暖房ですね。どちらも冬場は大活躍ですが、エアコン派と床暖房派で分かれることが多いですね。「何となくエアコン(床暖房)が好きだから」という理由で使っている人もいれば、コストが安いからとか、エアコンの方が暖かくなるからという理由で使っている人もいるでしょう。

ただ、今回はそんな漠然な理由をちょっと掘り下げてみることにして、床暖房とエアコンのメリットとデメリット、そしてそれぞれのランニングコストについて考えていきたいと思います。


スポンサードリンク

床暖房とエアコンのメリットデメリット

まずは、床暖房とエアコンってそれぞれどんなところが良くて、どんなところが悪いのか、考えていきましょう。実は筆者は床暖房派なのですが、床暖房のいいところは、それだけで足元から部屋全体があったまるという点です。床暖房をつけているときは、正直靴下をはく必要がないですからね。空気が乾燥しないという点も床暖房の特徴ですし、手入れをせずに使いたい時に使えるのもいいですね。

あとは、床暖房はたいていリビングにしか設置されていないものですので、リビングが暖かいと家族がみんなリビングに集まってくるので、家族のコミュニケーションの時間が多くなるというメリットもありますね。

一方で、床暖房は部屋が暖まるまで、結構時間がかかってしまいますし、設置工事にコストがかかってしまう点がデメリットとして挙げられますね。

次にエアコンについてですが、メリットは、温風で部屋を一気に暖めてくれますので、部屋が暖まるスピードが速いですね。あとは、なんといっても初期費用(エアコン自体の費用と設置費用)が床暖房と比べても安いという点がメリットとしてあります。

ただ、エアコンの場合、どうしても足元が暖かくならないので、部屋にいてもひざ掛けや靴下を使わないといけないというデメリットがあります。そのため、真冬の暖房器具としては不向きな感が否めないですね。あとは、エアコンの場合空気が乾燥してしまうというのが、大きな難点ですね。


スポンサードリンク

床暖房とエアコンのランニングコスト

ここでは、床暖房とエアコンで、かかるお金にどのくらいの差があるのかをお話ししていきたいと思います。まずは床暖房についてですが、床暖房はガスを使ったものと電気を使ったもの両方ありますよね。今回はガスを使った場合の1ヶ月のガス代について調べてみました。

12畳の部屋で1日(10時間ほど)使った場合、1ヶ月のガス代は、12000円前後かかります。この床暖房の高いランニングコストで、筆者の家の真冬のガス代は、1ヶ月約20000円ほどかかっています。

一方、エアコンの暖房の場合、1日16時間稼働させていたと想定した1ヶ月の電気代は、約5000円前後と、床暖房の約半分のランニングコストなのです。しかも、エアコンの場合は、各メーカーが省エネ製品の開発で凌ぎを削っているため、今後よりランニングコストの低いエアコンが販売されることが、容易に想像できますね。

まとめ

今回は床暖房とエアコンのメリットとデメリット、そしてそれぞれのランニングコストについてお話しして参りましたが、いかがでしょうか。

ここまでの話をまとめると、コストはエアコンに軍配、利便性や暖かさは床暖房といった感じですね。それぞれのメリットを上手く使って、寒い冬を乗り切っていきたいですね。



スポンサードリンク