料理にも最適!つくしを採りに行ける時期は?

春の山菜と言えばいくつかあるでしょうが、その中には『つくし』を思い浮かべるかと思います。

つくしは料理にも最適な素晴らしい山菜です。

そんなつくしですが、出来ることなら自分で採ってみたくはありませんか?自分で採ったつくしを料理出来たらおいしさと一緒に嬉しさもこみあげてくるはずです。

でもそんなつくしを採るのに最適な時期なんてなかなかご存知の方はいらっしゃらないと思います。

そのため今回はそんなつくしを採りに行くのに最適な時期や、ついでにおいしいつくし料理について詳しくご紹介させていただきたいと思います。


スポンサードリンク

つくし採りに最適な時期

つくしと言えば春をイメージしますが、一体いつが採るのに最適だと思いますか?3月なのか、それとも4月なのか判断が難しいですよね。

まずつくしは生える時期が地域によって異なります。九州では3月中旬、本州では3月下旬~4月中旬、東北や北海道では5月初旬くらいになると生えてきます。

気温の体感がだいたい普段着の上に一枚パーカーなどを羽織って出かけられるくらいの気温につくしが生えてくると覚えておきましょう。

それでは本題のつくしを採るのに最適な時期ですが、それはだいたい桜が散り始めるころです。

生える時期が地域によって異なるので採る時期も地域によって異なります。そのため桜が散り始めるときを目安にするとわかりやすいです。

その桜が散り始めるころのつくしは生えそろった下草の間から頭を出したつくしで、頭が良く締まっていて褐色になっています。そして茎も弾力があり、胞子のほろ苦さと茎の歯触りがとてもおいしいんだそうです。

繰り返しますがつくしを採る時期は桜が散り始めるときだと言うことを覚えておき、その時期を狙いつくしを採りに行ってみてください。


スポンサードリンク

おいしいつくし料理

それではこれからおいしいつくし料理をいくつかご紹介させていただきますので、どんなつくし料理を作ろうか迷っている方は参考にしてみてください。

つくしの天ぷら

山菜料理と言えば鉄板なのが天ぷらではないでしょうか。無難ですが、やはり無難だからこそそのおいしさは保証できます。

どんな山菜料理にしようか困ったときに天ぷらにすれば外れはありませんのでオススメです。

つくしご飯

つくしを利用した炊き込みご飯です。つくしをご飯として食べることはなかなか無いと思うので新鮮なのではないでしょうか。

濃い味付けにすれば子供も大喜びすること間違いなしなので、是非つくしご飯を一度試していただきたいと思います。

つくしの卵とじ

つくしには少し苦味があり小さいお子さんには少し抵抗があるかもしれません。しかし、卵でとじてしまうことで苦味を少なくすることが出来ます。

甘い味付けの卵でとじて子供でもパクパク食べられるつくし料理にしてみてください。

つくしの佃煮

つくしは佃煮にしてもおいしいんです。つくしを佃煮にすることで食べ応えのある味付けにすることが出来ます。

佃煮にすることでなんだか懐かしい味を楽しめるので特に大人の方にオススメできるつくし料理ですね。

まとめ

つくしは春に生えてくる山菜ですが、地域によってその生える時期が変わってきます。さらにつくしは成長が早いため採るのに最適な時期を見極めるのがなかなか難しいものとなっています。

桜の散る時期を見逃さずに、つくしを採りに行ってみてください。そしてつくしは様々な料理に利用することが出来ます。

大量につくしを採ったのはいいけどどんな料理にしようか迷ってしまってはもったいないので、迷ったら今回ご紹介させていただいたつくし料理を参考にしていただき楽しい食卓を築くことが出来たら幸いです。



スポンサードリンク