七五三であげるお金にも包み方がある!?

子供や孫が七五三の歳になるのはとてもうれしいものですよね。七五三になったことで、もうこんなに成長したんだなとしみじみ感じさせられます。

そんな七五三になった子供にお祝金をあげようと考える人が多いかと思われます。ただ、お祝金ってどれくらいの金額が相場なのかいまいちわからないかと思われます。

せっかくのお祝なのに少なすぎてはなんだかケチくさいし、多すぎると負担がかかってしまうので抵抗がありますよね。さらにお金の包み方や書き方などのマナーもあります。ここまで詳しく知らないという人が多いでしょう。

そこで今回は七五三のお祝金の相場や、包み方などを詳しくご紹介させていただきたいと思います。


スポンサードリンク

包み方とは

まずお祝金を入れる祝儀袋についてです。様々な種類がある祝儀袋の中からどれを選べば良いでしょうか。

この祝儀袋に関しては基本的に水引やのしが印刷されたもので大丈夫です。このとき見た目が派手なものを選ぶと、袋と中身の金額のギャップが発生してしまう可能性があるので注意しましょう。

祝儀袋を買ったらお札を入れてみましょう。お札は出来るだけ新札を用意してください。新札を用意できなければなるべく綺麗なお札を入れれば良いですが、間違っても折れてボロボロなお札は入れないようにしましょう。

そしてお札を入れるときの向きも決まっています。中包みの表とお札に写っている人物の向きが同じになるようにしましょう。


スポンサードリンク

書き方と金額の相場

包み方についてはご理解いただけたかと思いますが、書き方や金額の相場はどうでしょうか。

書き方を間違えるのは失礼だしなんだか恥ずかしいですよね。そして入れる金額も相場を知らないとどれくらいにしたら良いか悩みどころです。そんなわかりづらい書き方や金額の相場についてこれからご紹介していきます。

書き方

まず書くときはボールペンではなく、筆や筆ペンで書くようにしましょう。

そして祝儀袋に『七五三御祝』と書いて、中包みに包む場合は、表側の中央に入れた金額を漢数字で書きます。その後裏側は左下に送り主の住所と氏名を書いて終了です。

金額の相場

それでは気になる七五三の御祝い金の相場についてです。これは祝う子供との関係によって変わってきます。

一般的にはお金を上げる側の立場によって以下のようになります。

・近所の知人といった関係:3,000~5,000円
・親戚:5,000~10,000円
・祖父母:10,000~数万円

このように子供との関係によって金額にけっこう差が出てきますよね。お孫さんがいる場合は最低でも10,000円なのでなかなか高額です。ただせっかくのお祝事なので豪華に祝ってしまいましょう。場合によっては現金ではなく何か物を贈るのも良いでしょう。

そしてお祝金を贈る時期というものがあるのです。一般的には七五三のお祝いは11月の始めから11月15日までに贈ります。そのためお祝金を渡すときはなるべくその時期に渡すようにしましょう。

ただし、住んでいる家が遠すぎてなかなか会いに行くのが難しいというのであれば少しくらいはずれてもかまいません。

まとめ

子供や孫が七五三になるのは大変喜ばしいことです。

ただし七五三という行事はお金の包み方や相場、そして袋の書き方など様々なマナーがあります。それらのマナーは知らないだけで決して難しいものではありません。

子供をしっかり祝うためにも今回ご紹介させていただいたことは忘れないようにしましょう。そして子供が七五三を迎えたことを精一杯祝って、良い七五三にしてください。



スポンサードリンク