紫陽花の種類はたくさんある!?名前一覧表!


梅雨の時期や雨のイメージが強い紫陽花!色鮮やかに咲き、とても綺麗でおもわずうっとりしちゃいますよね~。そんな紫陽花の種類は色々です。紫陽花の名前一覧表を見てみましょう!

紫陽花と言えば、水色や紫や青など涼しげな美しさを持ち、梅雨や夏のイメージが強いですよね?誰もが知っている定番でもあり、様々な年齢層からも人気がある花です!

そんな紫陽花の基本情報を見てみましょう~!紫陽花とはその名の通り紫陽花科に属する植物です。6月から7月頃に咲く花ですので、梅雨の時期とかぶり雨のイメージが強いのではないでしょうか?


スポンサードリンク

紫陽花の基本情報とは?


紫陽花の樹高は1~2mあり、葉も光沢のある緑色で存在感がありますよね。また、花の色も咲き始めから徐々に変化し色づいていきます。『八仙花』とも言われているほどで、様々な姿を楽しめる、見ていてもあきない花です!そんな事からも、皆から長年愛されているのですね。

日本だけでなく、ヨーロッパやアメリカと広い地域で栽培されていて、多くの品種が作り出されている花でもあります。

花言葉には、『辛抱強い愛情』や『家族の結びつき』などがあり、結婚式の時のブーケにも紫陽花は使われているなど、とても縁起の良い花でもあります。

毎年、梅雨の時期は嫌だけど、紫陽花が咲くのは楽しみでもありますよね。今年の夏も楽しみです。


スポンサードリンク

紫陽花の種類の一覧表とは?名前は?


紫陽花はとてもポピュラーな花ですよね。そんな紫陽花ですが、実は、様々種類があります。紫陽花の種類の一覧表と名前をご紹介致します!

ハイドランジア

セイヨウアジサイ全般を指す品種。これが元ともなり、様々な品種も生まれている。色は、青・白・ピンクが多い。いくつもの花が集結しているのが特徴。

アナベル

セイヨウアジサイの中でも、アメリカアジサイという品種から生まれた。白い花である。花の一つ一つは小さいが、花が集まって塊に見える手毬の大きさが20cmにもなる。寒さにも強く、雪が降る地域でも栽培可能な種類。

シュガーホワイト

アジサイの花は土壌の酸性度に影響し色が変化する。土壌の影響を受けず、ずっと白い花を咲かせる品種。花びらがギザギザしていて、可愛らしいのが特徴のアジサイ。

ガクアジサイ

現在では希少となった日本の品種。紫や青色の花が多く、手毬状に見えず、平らに咲いていくのが特徴。中心に小さな花が咲き、周りに大きな花が咲く。

柏葉アジサイ

北アメリカ東部のアジサイ。カシワの葉のような深い切れ込みがあるのが特徴。花は円錐状に密着するのが特徴。白い花が咲き、紅葉の際にはピンク色になる人気の品種。

藍姫

日本の九州北部で生まれた寒さにも暑さにも強い品種。一つ一つの花がとても小さく、深い青色の花がたくさん咲く。土壌の酸性度によって、ピンクや紫みが加わり、グラデーションの様な美しさを味わえる。

万華鏡

島根県のオリジナル品種のアジサイ。ピンクや青色で、可愛らしい花の形が特徴。花が重なり合っているので、万華鏡のような美しさに見える、一味違ったアジサイ。

モチヅキ

咲き始めが白にライムがかった色、爽やかな印象。花が咲きほこると、真っ白になるのが特徴。自然な美しさ、素朴な印象。珍しい品種でもある。

などなど、紫陽花にはまだまだたくさんの品種があります。様々な品種から新しい品種が生まれ、更に増えてもいきます。こんなに種類があったなんて驚きでした!

まとめ

みんなが大好きな花のひとつでもある紫陽花。様々な姿を見せるので、みていてもあきない美しい花です。

そんな定番の花でもある紫陽花ですが、実は種類や名前が様々です!西洋でもまた一味違った品種が生まれていて、種類は数えられないほど。これも紫陽花なの?という見た目のものも多くあり、花の色も紫や青だけでなく、真っ白やピンクまで豊富です。

こんなに種類を楽しめる花は紫陽花でしかないかもしれません!

また、結婚式のブーケにもなるほどの、縁起の良い花でもあります。是非、紫陽花鑑賞をじっくりとしてみましょう~!



スポンサードリンク