扇風機と送風機であるサーキュレーターの違いとは!?


季節の変わり目はあっという間ですよね。寒い冬が終わったかと思うと、あっという間に夏!扇風機の出番もやってきます。そんな、定番の扇風機と送風機でもあるサーキュレーターの違いとは?

日本は、季節の移り変わりが激しいです。冬は地域によっては吹雪の日々となるくらい寒くなり、夏は毎日30度を超える真夏日が続きます。その為、必要な電化製品も色々と増えてきますよね。

寒い冬が終わり温かくなると、圧倒間に暑い季節がやってきます!扇風機の出番も、すぐにやってくるでしょう~。


スポンサードリンク

サーキュレーターってなに?


そんな、定番の電化製品は扇風機ですが、あまり聞きなれない言葉『サーキュレーター』とはどのようなものでしょうか?見てみましょう!

サーキュレーターとは、エアサーキュレータと呼ばれる送風機の事を言います。本質的には扇風機と違うのですが、見た目は扇風機の様な羽があります。

床に置くタイプが多く、空気の循環を目的としています。室内では、下降した冷気がたまる下の方は低温、上昇した温気がたまる上の方は高温となります。この温度差は体にも悪く、頭痛の原因や足元の冷えの原因となったりもします。

冬場にもエアコンと一緒にサーキュレーターを利用し、温かい空気を循環させてより室内全体を温かく快適にするとよいでしょう。また、夏場には窓をあけてその付近にサーキュレーターを置き、風通しを良くすることもできます。

他にも、換気を目的としたり、洗濯物を乾かすのに使用したりもできます。あまりサーキュレーターと言う言葉は聞きなれないかもしれませんが、何かと便利で一家に一台あっても良いほどではないでしょうか?


スポンサードリンク

扇風機とサーキュレーターの違いとは?


さて、新しく購入するとしたら、扇風機がやっぱり良いのか、サーキュレーターと呼ばれる送風機を買うべきなのか迷うところではないでしょうか?扇風機とサーキュレーターの違いについてみて見ましょう。

扇風機は、程よい風の強さで、首もふることができ、つけっぱなしでも良いほどです。体に直接あてることによって、涼しさを感じることができます。温度を低くすることはできませんが、体感温度が下がるといえるでしょうか、涼むという気分になりますよね~。

一方、送風機と呼ばれるサーキュレーターは、空気の循環が目的ですので、風の威力は強く一定のまっすぐの方向にしか風を送ることができません。

その為、直接体に風を当ててしまうと、強すぎたり寒くなりすぎたりしてしまいます。直接体に当てるのではなく、涼しい空気を循環させたる為に、エアコンとセットで使うと威力抜群です。また、扇風機と違い、音がうるさいという点もあります。

価格面で言うと、サーキュレーターの方が安く、冬場でもエアコンなどの暖房機器と一緒に使用できたり、普段空気を循環させ換気する為に使用したりも出来る優れものでもあります!

どちらもメリット・デメリットはありますね。使う用途や状況に合わせて購入するのが良いのではないでしょうか?

夏場にエアコンを使用する方でしたら、プラスで冷たい空気を循環させる為に万能なサーキュレーターを選ぶのも良いですし、エアコンをあまり使用しないつもりでしたら直接体に当てて冷やせる扇風機が良いでしょう。

また、部屋が広くて空気の循環も良くないという場合に、サーキュレーターを使ったりしても良いと思います!まずは、電気屋さんなどで色々とチエックしてみましょう~!

まとめ

あまり聞きなれない言葉『サーキュレーター』とは、送風機の事です。見た目は扇風機と似ていますが、サーキュレーターはあくまでも空気の循環を目的として作られています。

違いも様々ですが、直接風を体に当てて冷やす扇風機と違い、サーキュレーターは冷たい空気を室内全体に循環させて冷やして使用します。エアコンの冷房と合わせて使うのが良いです。また、夏場だけでなく、冬も暖房と一緒に使用する事もできたり、空気を循環させたり換気したい時にも使用する事もできます。

どちらを購入したら良いか悩むところですが、夏の暑さ対策にピンポイントで使いたいのか、夏も冬も他の電化製品がありプラスアルファーとして使いたいかによって考えるのがよいでしょう。今一度、目的を考えてから、購入してみて下さいね。



スポンサードリンク