キャリーケースの機内持ち込みできるサイズは!?

慣れない飛行機の利用はドキドキですよね。なるべく、荷物は預けないで機内に持ち込みたい方も多いのではないでしょうか?

基本的に、機内に持ち込めるキャリーケースのサイズは決まっていて、3辺の和の合計が115cm以内の物です。機内持ち込み対応のキャリーケースとして、売っている事もあります。

ですが、航空会社の規定は様々ですので、機内対応となっていても持ち込めない場合もありますので、注意が必要です。


スポンサードリンク

旅行会社によって変わる規定、機内持ち込みのサイズ

重さが制限されている場合もあります。航空会社によって、質量10kg以内となっている所もあれば、7kg以内となっていることがあります。国内線の小さい飛行機ですと、さらに制限されている場合もあります。

航空会社によって違いますので、事前にしっかりと可能なサイズや重さを確認しておきましょう。また、ビジネスクラスやそれ以上のクラスでは、もっと優遇されています。

ただし、航空会社によっては、頭上に収納できるもののみ機内に持ち込めるという規定がされている場合もあります。特に、LCCエアラインなんかですと、厳しく規定がある場合もありますので、注意が必要となります。

機内対応のキャリーケースは全て持ち込めると思っていたので、航空会社によって違ったり重さも関係したりするとは、初めて知りました。


スポンサードリンク

機内持ち込みのキャリーケース、ほかの制限はあるの?

機内に持ち込む荷物について、他の制限はあるのでしょうか?こちらも、航空会社によって様々ですので、気になるものは、事前に確認した方が安心です。

例えば、楽器なんかです。こちらも制限があります。キャリーケースに入ったり、持ち込み可能なサイズ質量内でしたら持ち込み可能です。

しかし、大きめの楽器もありますよね。なるべくは預けたくないし、形見離さずもっていたいんだけどという方もいるかと思います。そういう場合は、事前に確認しておく必要がありそうです。

また、杖や松葉杖も長いものはダメとの場合が多く、預けなくてはいけない事が多いです。車いすやベビーカーなども同様となっています。

空港内は使用できますが、飛行機内ではそのようなものは使用できないのが、大変な点でもあります。ですので、車いす等使えない代わりに、飛行機内では補助する人の付き添いが必衰になるかと思います。折り畳み式のベビーカーや車いすなどは大丈夫みたいですので、考えてみても良いですね。

また、サラリーマンの出張などで使用する事も多い、パソコンやカメラなどの電子機器にも制限があります。こちらも1点だけで、身の回りの手荷物と同等になるのです。

なんでも、カバンに入れて機内に持ち込めるわけではありませんので、気を付けましょう!

まとめ

キャリーケースを小さ目にして、機内に持ち込みたい!と考える方も多いのではないでしょうか?機内対応となっているものでも、航空会社によっても違いますし、重さなどの規定により持ち込めない時もありますので事前に確認しておく必要がありそうです。

他にも、楽器も重さやサイズによりますし、車いすや長い杖、ベビーカーも機内には持ち込めず制限されています。特殊なものを考えている場合は、やはり確認しておいた方が良さそうですね!

とにかく、航空会社や状況によっていろいろと基準は異なります。この前は大丈夫だったと思っても、たまたまかもしれませんし、毎回きちんと確認した方が良さそうですね。



スポンサードリンク