草刈りに効果的な時期ってあるの?


草刈りと言われて思い出すのは、小さい頃、毎日のように草刈りに追われている祖母の姿です。たまに手伝って、その大変さを味わっていたものです…

職場の上司も、「草刈りは終わりがないんだよ!」なんて言っているのを聞いた事がありますが、そんな草刈りにも“いましておきたい!”という時期があります。

そこで今回は、草刈りの効果的な時期や草が生えてくるペースについてご紹介していきます!


スポンサードリンク

草刈りの効果的な時期


草刈りは年に3回、草の成長のペースに合わせてするのがおすすめです。

タイミングとして効果的なのは

●6~7月
●9~10月
●11~12月

です。

他にも草刈りをするのに向いているタイミングは、

・雨の後、晴れの日が何日か続いたとき
・雨が降って土が湿っているとき

などです。


スポンサードリンク

草ってどのペースで生えてくるの?


草刈りに効果的な時期が分かったところで、こんどは草が成長するペースについてもう少し詳しく見ていきましょう。さきほど、“草刈りは年に3回、成長のサイクルに合わせてするのが良い”とご紹介しましたが、それには理由があります。

6月~7月

春に新芽が出て、この頃はちょうど草が伸びてくる時期になります。草が成長しきってしまう前に、この時期に一度草刈りをしておきましょう♪

この時期を過ぎると、梅雨や日差しも強さが増して、草が成長するにはもってこいの季節になりますからね…!大きく成長すると、根っこも強く張って草刈りが大変になってしまいます。

9~10月

この時期は、草の成長がだんだんと落ち着いてくる時期です。

元気がなくなってきている頃に草刈りをしておくと、草が伸びようとするエネルギーを抑えることができます◎

11~12月

11月にもなってくると、枯れてくる草も増えてきます。

枯れて茶色くなった草がお庭にあると見た目も悪くなってしまうので、この時期の草刈りは、枯れた草を取り除き、景観を保つために行います。

草の成長に合わせて草刈りをするのには、こんな理由があったのですね♪

また、雨の水や太陽の光は、草の栄養になるので草の成長が早くなります。雨が降った後に晴れの日が続いたときは草が伸びたころなので、草刈りをすると効果的です。逆に、草刈りをした後に雨が降ってしまうと、草が元気を取り戻して伸びてしまう、ということにもなります。

植物の生命力は本当に強いですからね…びっくりするような隙間から花が咲いているのを見たことがありませんか?是非草刈りの前には天気予報のチェックを♪

また、雨が降って土が湿っている状態であれば、草を根っこから取ることができるので草刈りがしやすいです。土が湿っていると手が汚れやすいですし、虫も気になる!という場合は手袋をしてから草刈りに挑みましょう♪軍手よりもゴム手袋の方が手は汚れないですね^^

ちなみに、雑草には一年草と多年草の2種類があります。名前のごとく、1年だけ芽が出る草と複数年にわたって出る草がありますが、多年草の方は表面の葉っぱの部分だけ取っても、根っこが残っていれば次の年にも生えてきてしまいます。なので、草刈りをするときには“根こそぎ取る”のがポイントです◎

まとめ

以上、草刈りの効果的なやり方についてご紹介しました^^

結局は終わりのない草刈りですが、綺麗に整ったお庭はとても素敵です!良い運動にもなりますので、是非続けてみてくださいね♪でも、姿勢がきついので、腰を痛めてしまわないように、休憩を挟みつつマイペースに♪

竹ぼうきで毎日掃くだけでも草が生えにくくなるそうですよ!



スポンサードリンク