ダイニングの照明がテーブルの位置とずれている!?


ダイニングの照明には、“食事を美味しく見せる”という効果があります。また、ダイニングはみんなで一緒に過ごす場所なので、大事にしたいですよね。そんなダイニングの照明ですが、実は失敗しやすい箇所でもあります。

今回は、ダイニングの照明とテーブルの位置がずれないためにはどうすればいいのか。また、ずれてしまった場合に使える器具をご紹介します♪


スポンサードリンク

照明とテーブルの位置をずらさないために


まず、どうして照明とテーブルの位置がずれてしまうのでしょうか。それは、それぞれの場所が決まる順番が関係しています。

住宅を立てるときには、間取りを元にして作っていきますが、間取りには、テーブルの位置までは書いていないことが多いです。そのため、家具の位置より先に照明の位置が決まってしまいます。そのため、実際にテーブルを置いてみたら照明との位置が合わなかった、というのが多いようです。

では、照明とテーブルの位置をずらさないようにするためには、どうすればいいのでしょうか。それは、テーブルの位置を先に決めておくことです。そうすることで、テーブルの位置に合わせて照明をつけることができますからね。


スポンサードリンク

照明位置調節器を使ってみよう


ダイニングは家族みんなで過ごす場所なので、1日の中でも長くいることが多いと思います。その分、「ダイニングを快適に過ごせる場所にしたい!」という思いが強い人もいるのではないでしょうか。

そんなダイニングのテーブルと照明の位置がずれている…「諦めるしかないのか?」と思っている方、ちょっと待ってください!テーブルとの位置がずれてしまっている照明は、“照明位置調節器”で、ある程度位置を調節することができます。

照明位置調節器具は、コード吊りペンダントライト用で、レールがあり、そこにハンガーがついています。ハンガーにライトのコードをかけてスライドさせて位置を調節する方法と、コードを巻き付けて場所を変える方法の2パターンがあります。

どちらかというと、巻きつけるタイプよりもハンガー付きの方が調節はしやすいのかな?と思います。口コミも評価が高く、見た目も気にならない、女性でも取りつけが簡単にできた!というコメントが多かったですよ♪ただし、少数派ですが「ごちゃごちゃして見える」という人もいました。

また、移動させたい距離が長い場合には届かないこともあるようです。中には「うちの天井には取り付けができなかった」というコメントもありましたので、購入の前には、取りつけが可能かどうかの確認をしておきましょう。

ちなみに、移動させたい距離によって耐えられる重さは変わりますが、だいたい2キロ~4キロ程度までは大丈夫です。値段も4000~1万円くらいなので、そこまで高くはありません。いまはネットでも簡単に探すことができて便利ですね。

まとめ

以上、ダイニングの照明がずれないようにする対処法と照明位置調節器のご紹介をしました。

ダイニングの照明は、先に決めてしまうとずれてしまう原因になりやすいので、テーブルから先に決めてしまった方がずれにくくなります。たった20センチのずれでも気になってしまうものです。

そんなときは、照明位置調節器を使えば吊るしたい場所に照明を移動させることができますよ♪ネットでも簡単に探せますので、天井に穴を開けてしまう前に、是非検討してみてくださいね。



スポンサードリンク