大掃除に使える!?窓は新聞紙で拭こう


みなさん、窓のお掃除はどうやってしていますか?窓って普段、あまり掃除をしない場所だと思います。年末の大掃除の時なんかに、汚れがひどくてびっくり!なんてことがあるのは私だけでしょうか…

そんな窓ふき、新聞紙があれば洗剤を使わずに窓をピカピカにすることができますよ♪今回は、新聞紙で窓ふきをする方法について、コツなどをご紹介していきます。


スポンサードリンク

なんで新聞紙が使えるの?


“窓ふきには新聞紙がいい!”というのをなんとなく聞いた事がある、という人は多いかと思います。窓ふきに新聞紙が役に立つ理由は、新聞で使われているインク油に、窓についている汚れを分解する力があるからです。

窓についている汚れは、外側と内側で種類に違いがあります。

外側には、
・チリ
・排気ガス
・泥

などの汚れ。

内側には、
・手垢
・ヤニ
・油はね

などの汚れがついています。

また、新聞紙で窓を拭くことで、ツヤだし効果もあるので、仕上がりがピカピカになる!というわけです。

家にある古新聞を使えるので、経済的にも助かりますし、頑固な汚れでなければ水だけで落とせて、洗剤も使わないので環境にも優しくお掃除ができます!しかも、雑巾を使って窓を拭くと繊維が残って煩わしい思いをしますが、新聞紙だとそれもありません♪


スポンサードリンク

新聞紙を使った窓の拭き方


用意するもの

・ぬるま湯
・くしゃくしゃに丸めた新聞紙
・ゴム手袋

くしゃくしゃに丸めた新聞紙は先にいくつか用意しておくと、掃除中の手間が省けて便利です◎ちなみに、水拭き用と乾拭き用の両方を用意しましょう。

ぬるま湯は、水でも良いのですが、温かい方が汚れは落ちやすくなります!そして、新聞紙のインクが手についてしまうことがあるので、ゴム手袋をして窓ふきをしましょう!

窓ふきの仕方

新聞紙での窓ふきは、特に難しい工程はありません♪

1. くしゃくしゃに丸めた新聞紙を、ぬるま湯で十分に濡らします。
2. 上下にギザギザを描くように窓を拭いて、汚れを落としていきます。
3. 水拭きした跡が残らないように注意しながら、乾いた新聞紙で小さな円を描くように水気を拭いていきます。

掃除のポイント

・泥や砂の汚れがひどいときには、新聞紙で拭くときに窓に傷がついてしまう可能性があるので、窓ふきの前に水で流しておきましょう◎

・簡単な汚れは新聞紙だけでも落とせるのですが、中には手ごわい汚れもあります。そんなときは、繰り返し拭いてみるか、それでも落ちないときには洗剤を使って落としましょう。

・窓ふきは、曇りの日にするのがおすすめです!晴れていると、水で拭いたあと、すぐに乾いてしまって、跡が残りやすくなってしまうからです。また、曇りの方が、湿気を吸って汚れが落ちやすい状態になっています。

窓ふきは外側からするのをおすすめします。その方が、後で内側から拭くときに、拭き残しを見つけやすくなります。

・雑誌やチラシはあまり窓ふきには向いていません。古い新聞の方が、汚れがきれいに落ちるので、窓ふきには新聞紙を使ってくださいね。

まとめ

以上、新聞紙で窓ふきをする方法についてのご紹介でした^^

新聞紙には、窓についている汚れを分解する力があります。新聞紙で窓ふきをすれば、洗剤を使わずに簡単に汚れを落とせて、仕上がりもピカピカになります!掃除が終わった後は、そのまま捨てればいいだけなので、布巾などで窓ふきをするよりも後片付けが楽チンですね♪

新聞紙が残っているご家庭は、今年の大掃除の窓ふきに、是非新聞紙を使ってみてくださいね♪



スポンサードリンク