ヘアカットをセルフで!髪をすく方法とは?


最近の美容院では、とてもかわいく髪を切ってくれますよね。人の見た目は髪型で大きく変化するので、かわいい髪型にしてくれる美容院はありがたい存在です。

しかし、美容院に行くには当然ですがお金と時間がかかります。忙しいとなかなか行く機会が無く困ってしまいますよね。

そんな髪型をセルフでできたら良いと思いませんか?いつでも自分の好きな髪型にタダでできるのですから、これほど魅力的なことは無いです。

そこでこれからセルフカットのやり方について、ご紹介させていただきたいと思います。


スポンサードリンク

セルフでできるヘアカットのコツ


セルフカットするためにはまず道具を揃える必要があります。

すきバサミ

すきバサミは髪を梳くハサミです。毛量の調節のために使います。

くし

髪の毛がボサボサだと上手く切ることができません。そこでくしを使い、毛流れを整えることによって失敗を減らすことができます。

ピン・ヘアゴム

ピンやヘアゴムを使い、切りたくない箇所を留めておくと失敗しにくくなります。切りたくない箇所を誤って切ってしまうことが無いように、忘れず用意しましょう。

鏡(2枚)

当然ですが、鏡で髪をしっかり見ないと切ることなんてできないですよね。鏡2枚を使い合わせ鏡をすることによって、後ろ髪も切ることができるようになります。

これらの道具は100円ショップでも揃えることができるので、金銭的な負担を抑えたいときはそちらを利用してみても良いでしょう。

道具が揃ったら本題のセルフカットのコツを覚えていきましょう。

綺麗に切るためには、まずブロック分けをしてください。ピンやヘアゴムを使って、前・横・後ろといった箇所を軽くまとめておくだけで、髪がとても切りやすくなります。

そして一気にバサっと切らないようにしましょう。大雑把に切ると失敗しかねないので、少しずつ丁寧に切るようにすると良いです。特に前髪は失敗してしまうとしばらくの間つらいので、特に慎重に切るようにしましょう。

また、髪を切るときにハサミは縦にして切るようにしてください。横にして切るのはパッツン前髪を作るときくらいなので気をつけましょう。

セルフで髪を切るときにはこれらのことを覚えておいてください。ただ闇雲に切ってしまって失敗したら、当分の間つらい想いをするので気をつけましょう。


スポンサードリンク

上手く髪を梳く方法


特に毛量の多い方が気になるのではないでしょうか。多すぎる毛量を少し軽くしたいときは、髪をすいてしまうのが一番です。

しかし、しっかりとやり方を知らないと失敗してしまう恐れがあります。すき過ぎて髪がスカスカになってしまったら嫌ですよね。そのため髪のすき方も覚えていきましょう。

基本的には先ほどご紹介した、セルフカットで必要な道具ややり方と特別違いはありません。

くしで髪を整えてピンでブロック分けをします。切るときは、すきたい箇所を頭皮から垂直になるように持ちあげましょう。頭頂部なら真上に、サイドは真横にピンと張るような感じです。

そして張った髪を横からすきバサミでカットしていきます。髪の毛のだいたい中間地点で一回と、そこと頭皮の間くらいの場所で一回入れればOKです。このときざっくりと切ってしまうと、失敗する可能性があるので気をつけましょう。

まとめ

髪を切るときは適当に切っても失敗してしまうだけです。切ってしまった髪は伸びるまでしばらくそのままなので、正しいやり方で切るようにしましょう。

切り方さえ覚えてしまえば、美容院に行く時間もお金もかからないのでとてもお得です。ぜひ今回ご紹介させていただいたことを参考にしていただき、セルフカットの技術を上達させてみてください。



スポンサードリンク