大雨が多くて大変!そんな時に使える対策グッズとは?


日本各地で、異常気象が原因あろう災害が多く起きていますね。ニュースでも様々取り上げられています。莫大な被害をもたらした台風や大雪による被害も増えています。

近年、異常気象や自然災害が多くあります。大雨による被害をニュースなどでもよく見るようになりました。そんな大雨の時に使える対策グッズとは?


スポンサードリンク

身近な災害に備える!大雨対策グッズをそろえよう!


昔から、自然災害は起こっていたし、異常気象も起きていたとは思いますが、こんなに激しかったかなと感じてしまいます。現在の日本では、日常茶飯事で起きているので恐ろしいですね。今後の未来に不安がいっぱいです。

そんな異常気象の一つとして、問題になるのが大雨による被害ですね。ここ数年、激しい大雨によって、道路が冠水したり、家の中まで雨水が浸水したりといった被害が増えています。それだけでなく、川の堤防が破壊され、街の中が海の中の様になってしまったり。まるで、津波の様な光景に恐怖を感じました。

大雨に被害を防ぐため、普段から対策をしておく必要があります。他の災害と違って、雨がよく降る地域とか、台風が頻繁に来る場所など、事前に分かっている事もあるかと思います。少しでも不安があったら、まずはできる対策から始めてみましょう~。

大雨対策グッズの一つに、丈夫な傘は欠かせません。雨の時に傘なんて意味ないなんて思うかと思いますが、ニュージーランドのBLUNTというブランドの傘は丈夫でおすすめです。

傘が壊れる原因は、風に弱いという点がありますよね。この傘は風を受け流すという点を重視して作られています。

そして、やはり気になるのが、靴が濡れてしまうこと。一度濡れてしまうと、服と違って乾きにくかったりしますよね。

そんな雨の時期には長靴やレインブーツは必須です。長靴なんて、ださいから嫌だなんて思わないで下さい。

やっぱり、どんな靴でも結果濡れてしまうので、長靴がやはり一番です。今はオシャレなレインブーツなども多く販売されているし、一つは持っておくべきです。

それだけでなく、なんと、携帯できるように小さく収納できるレインブーツなんかもあるんです!これは便利!折り畳み傘と同様、手軽に持ち運んで、いつでも雨対策ができますよ。

他にも、速乾性のあるシャツなどを着ていれば、大雨で濡れた後も快適に過ごせますね!そして、忘れてはならないのが、携帯やパソコンなどの電気器具の防水対策!ついつい、忘れがちですが、梅雨の時期や台風シーズンには、ぜひ対策をしましょう。

意外と探せば、大雨対策グッズは色々ありますね!雨シーズンが来る前に、一度備えてみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

大雨でも安心して過ごす!お家の雨対策も忘れずに!


お家の大雨対策もしっかりとしておきたいですよね。お家の雨対策についてもみてみましょう!

まず、どんな災害でも停電が起こる可能性があります。停電に備えて、懐中電灯やろうそくなどをすぐ使える場所に置いておきましょう。そして、テレビで情報が得られなくなるので、携帯ラジオ、リチウム式の携帯充電器なども必要です。

また、断水や孤立してしまって家から出られない時の為に、水などの飲料水や、非常食を日頃から蓄えておく必要があります。お風呂の水も抜かない方が良いです。

そして、家の中の物をできるだけ高く上げておきましょう。特に、床下浸水は多く起こりますので、玄関や玄関付近の物は中にしまっておきましょう。

また、ホームセンターなどでも、大雨対策グッズが数多く売られています。今一度、家の中や外を見直して欠陥ポイントはないかチエックしてみましょう。

まとめ

近年、増えている災害の一つ、大雨。ただの大雨では済まないほどの、莫大な被害が出ています。

そんな大雨の対策をしっかりしておく必要がありますね!大雨の対策グッズも数多くあり、持ち運びできるレインブーツから、速乾性のある衣服、携帯やパソコンの防水ケースなどもあります。

そして、日頃からお家でも防災対策をしておき、万が一の際の避難ルートなども家族で話合っておきましょう!いつ何が起こるか分かりませんので、飲料水や非常食、非常時に必要なグッズなど、揃えておきましょう。

普段の小さな準備の積み重ねが、いざという時の対策になりますよ。



スポンサードリンク