浴衣の着方に注意!左前だと死人という意味になる!?

夏祭りに「浴衣」を着て行きたいですよね。しかし、帯の結び方や着方、作法などのルールがあるので、着て行くときには注意が必要です。

右下や左前など着物独特の言い方があり、着方の本などを見ても、その言葉を理解していないと全く逆の着方になってしまう事があります。左前は死に装束の着方なので注意しなければなりません。

しかし浴衣は夏の衣装なので、着物ほど下着などに気遣う必要がありません。また最近では、簡易帯といってつけるだけの帯も売られているので、あとは「着方」さえ覚えてしまえば浴衣はそんなに難しいものではないのです。女子必見の浴衣の気を付けたい着方をご紹介したいと思います。


スポンサードリンク

浴衣の着方のマナー

浴衣や着物は「右前」で着ます。これだけはしっかりと覚えて下さいね。着物を着る時、最初に(先に)肌に合わせた方の事を「前」と言います。右とは向かっている人が見ている右を指すのではなく、自分自身の右手の方向を指します。

「右前」とは着物を着る時に右手でもった右の襟を最初に肌に当てる事。つまり、右の襟が内側に入り、左側が外になっている状態の事を指します。これが逆になり左前になってしまうと、「死」を意味します。

また、必ず下着を身に着けて下さい。浴衣は入浴の後に着る衣服でした。その為、入浴後の汗が早く引くように、脇下が大きく開いている作りになっていますし、薄い布地で作られています。

肌が透けて見えたり、ふと肌が露出してしまったりするのはマナーに反しています。浴衣を寝間着ではなく、外へ着て行くものとして、着るときはちゃんと下着をつけましょうね。


スポンサードリンク

左前と右前の違いは?

そもそも左前でも右前でも着物は左右対称の作りなので、好みでもいいような気がしませんか?どうして左前と右前の着方が決まったのでしょう。

日本や中国では女性と男性が並ぶ時、今では西洋と同じく女性が左、男性が右なのですが、昔は女性が右、男性が左でした。

南に向いた時の日の出の方向、つまり、左手側が上位とされていた為、男性が左側だったのです。この考え方が着物の着方にも適用されていて、左前の着方は位の高い人の着方とされていました。聖徳太子の着物は左前だったと言われています。

そして、死んで仏になると生きている人より位が高くなると考えられていたので、右前の着物しか着られない庶民も、死ぬときは左前の着物が着られたのです。これが左前の着物は死を意味すると言われるゆえんです。

つまり、左右対称の着物はどちらを前にしても着る事が出来るのですが、(お雛様の置き方と同じように)着方を分けた時代があり、死と生や貴族と庶民の分け隔てとしての象徴になっていたという歴史から現在に通じています。

また日本人は右利きの文化ですが、これも右前の着物を着ていた庶民が動きやすい状態が右利きの動きだった事も関係していると考えられています。

まとめ

この先右前でも左前でもよくなる時代が来る可能性はゼロではありませんが、1000年以上続いている着物文化が継承している「右前で着る」というマナーは、恐らくすぐにはなくならないでしょう。

少々着崩れしてしまう着方は若者なら許されても、左前が許される事は現代では無さそうです。左前にならないようにだけは気を付けて下さいね。



スポンサードリンク