合宿で免許を取得!持ち物と服装はどうすればいいの?

自動車学校へ通って免許を取る時間がなかなか取れない方には「合宿免許」がおすすめ!目指した卒業日までのカリキュラムを自動車教習所が策定してくれる為、技能予約の必要が無く、普通車ATなら最短14日間で卒業出来ます。

補習や再検定になると卒業までの日数が延びますが、プランによっては追加費用などの発生もなく、卒業までしっかり面倒見てくれるのも合宿免許ならではサービスです。

自宅から離れた場所での生活は、お友達と一緒に参加すればプチ旅行気分。一人で参加するならプチ一人暮らしが味わえ、講習や検定などの厳しい時間の他、楽しい時間も過ごせちゃいます。

そんな合宿免許に参加する場合、気を付けて頂きたい服装や持ち物についてご紹介しますね。一人暮らしや留学などの参考にもなるかも?!


スポンサードリンク

合宿免許の概要

合宿免許とは「自動車学校の指定した宿舎に泊まりながら免許を取る」事を言います。入校と卒業予定日が決まっていて、その間に集中して教習を受け、検定を受けます。合宿期間中は勝手に自宅に帰る事が出来ないので卒業予定日までのスケジュールを必ず確認して下さい。

教習費用、検定費用、宿泊費がセットになっている料金設定が多く、食費、交通費、卒業予定日に卒業できない場合のサービス費などオプションの設定は施設、教習所によってだいぶ異なります。

自炊が出来るところ、近くにスーパーも何もなくて3食ついているところ、食事は購入のところなど様々です。ご自身の予算、スタイルに合わせて選ぶといいですね。合宿免許を開催している自動車学校は全国にあるので、その土地に住まう楽しさも味わえますよ。


スポンサードリンク

持って行った方がいいものは?

免許を取得しに行くので、身分証明書や住民票、写真など免許取得に必ず必要な書類などは、必ず教習所から送られてくる案内を確認して出発して下さいね。それらを揃えるのに時間がかかる場合がありますから、届いた書類は即開封しましょう。

宿泊場所で食事ができる所の場合、自炊できる所に比べて、近くに「何もない」という所も多いかもしれません。「困ったら買いに行こう」と思わず、お菓子や漫画、雑誌など「ちょっとした物」を持って行った方がいいですね。

スマホやタブレットで動画を見るのもいいですが、WI-FI環境に優れているかどうか分かりません。大人数で使うと繋がりづらい場合も。よく使うという方はWI-FIをレンタルしていくといいですね。

近くにスキー場やプール、海などのレジャー環境がある場合は空いた時間でそれらを楽しむ事も出来るので、ウエアや水着などを持って行くといいでしょう。自然が豊かな所が多いので「虫除け」などもあるといいですね。

まとめ

日常と違った生活を2週間以上送るので、ストレスに感じる方もいるかもしれません。でも同じ目的を持った人達が同じ日に入校し、卒業を目指すので、周りの人達と一緒に頑張れるのも合宿免許の良いところです。

また、異国の地に来てしまった訳では無いので、困った時は電話やメールでいつもと同じように誰かに相談したり、欲しいものは送ってもらうこともできます。「楽しむ」という事がベースにあると、学科も楽しく受講できますよ。



スポンサードリンク