貯金箱にお札用も硬貨用もある!?

何をするにも、支えになってくれる“お金”。日本全国、ほとんどの人が貯金を実行しているでしょう。もちろん、例外もあるかとは思いますが、少なくとも「貯金をしなければ」と考えているのではないでしょうか。

そんなお金、貯金の仕方は人それぞれ。

銀行で管理している人。
誰かに預けている人。
換金できる物に変えて、管理している人。
そして、貯金箱で管理している人。

今回は、他人のため、自分のため、将来のために貯金をしたい人へ、おすすめの貯金箱を紹介します。夢を実現させたい人、必読です。


スポンサードリンク

おすすめのお札貯金箱

末永く生活を共にする貯金箱ですが、いったいどんなものを買えばいいのでしょうか?

さまざまなデザイン、仕様、値段もピンからキリまであり迷ってしまう貯金箱選び。実は、いい貯金箱と巡り合えるポイントは、たったの4つだけです。

多額のお金を貯められる

多くの貯金箱に説明書きとして「この貯金箱は、〇〇円程のお金を貯めることが可能です」など、いくら貯金することが可能かの基準が記載されているでしょう。

なるべく容量の多いものをおすすめします。小さなサイズでは、満量になるのももちろん早く、いっぱいになるたび使ってしまいたくなりますよね。その欲求を抑えることも、ストレスです。

簡単には蓋をあけられない仕様

使ってしまいたくなる欲求を抑えることはストレスになる、とお伝えしましたが、それを踏まえて、蓋はあきにくいものをおすすめします。

お金が必要なタイミングは、咄嗟にやってくるもの。「あ!貯金箱にお金あった、えーい、使っちゃえ!」…これが、意外と常習化してしまい、なかなか貯められない原因ともなります。

“あける為には壊すしかない”くらいガード力の高いものは、いくらでも売っています。未来の自分から、自分のお金を守りましょう。

いくら溜まったか確認しやすいもの

ガラスや透明プラスック等、中身が見える貯金箱でなら、やる気を持続させて、長く貯金ライフを続けられるでしょう。お金がどんどん貯まっていく様子というのはやはりモチベーションになるものです。

銀行での管理は、数字が増えていくだけですが、貯金箱貯金は、お金が目に見えて増えていくのが分かりますよね。「貯金することができている!」という実感が、見るたび湧くでしょう。

特に、高額な“お札”を入れることができるものであれば、パッと見た時の貯まってる感が凄まじく、おすすめです。

モチベーションの上がるデザイン

レトロな豚さん、デジタルのかっこいいもの、本棚に潜ませられる本型……さまざまなデザインがあります。長く生活に寄り添う貯金箱です。飽きのこなさそうな、お気に入りを見つけましょう。


スポンサードリンク

お札貯金箱のメリットとは

先ほど、“お札を貯める貯金箱”の話が出ました。1円貯金や500円貯金より、確実に多額を貯めることができるのがお札貯金です。

基本は1,000円から、場合によってはさらに高額でも良いでしょう。札束が増えていく様子は、とても気分が良く、モチベーションを維持しつつ、貯めていることができるはずです。

不思議なもので、小銭貯金から少しだけ小銭を拝借することよりも、お札貯金からお札を抜く方が、罪悪感が強いのです。貯金ライフがうまくいかない大きな原因である、「ちょっと使っちゃおう」を防止できるということは、最大のメリットです。

また、貯金箱に貯めたお金を実際に使用するとき、お札であれば、そのまま使えます。小銭貯金だと、両替がやや面倒ですよね。

まとめ

おすすめの貯金箱のポイントは、お札を貯めることができ、開けにくいが中身は簡単に見える、あなたが気に入ったデザインのもの。

「すぐお金を使っちゃうわたしに、貯金なんて…」と諦めずに、貯めやすい貯金箱を利用して、楽しい貯金生活をはじめてみませんか?

将来、必ず「やっててよかった!」と報われる日がくるはずです。



スポンサードリンク