財布に溢れるレシートの束。上手な保管方法はある?そして保管期間も決めよう!

あっという間に財布に溢れるレシートの山!財布の中はいつでも綺麗にしたいけど難しいものです。上手な保管方法はあるの?

ついこの間綺麗に整理したばかりなのに、財布の中にレシートがいっぱい!ということはよくありがちです。

忙しい日々の生活でなかなかできないのが、レシートの上手な管理ですよね。後で家計簿に書いたりしようと思って、とりあえずとっておくというのが習慣になってはいませんか?


スポンサードリンク

100円ショップなどでも買える小さなケースやポーチを使って、上手に保管しよう

やっぱり、財布の中はいつでも綺麗にしたい!余計なものは入れたくない!と、分かってはいながら、なかなか難しくてできないですよね。なんだかんだ出費は多く、レシートって意外とたまってしまいます。

でも、財布の中が汚いとお金が出ていってしまうとも、言い伝えられています。実際に、財布の中が汚いと、支払いの際に時間がかかってしまったり、いくら使っていていくら残っているのかと分かりにくかったりとデメリットばかり。

そんな事にならないように、なるべく財布の中にレシートは貯めないようにしましょう!

そんな大量のレシートを上手に保管する方法は小さなケースやポーチを使う事。100均なんかにも、安くて可愛いものが数多く売っています。そのような入れ物を使って、食費や外食代など分けて保管しておくとすっきりすると思います。

レシートは紙ですので、クリップで止めただけとか、ノートに挟んでおくだけだと、まとまりが悪いです。すぐに、ばらけて散らかってしまったり、一部だけなくなったりという事もありますので、小さいポーチやケースに分けてしまう事がとっても良い方法です。

まずは、その日のうちにたまったレシートをケースに保管してしまう!という習慣を身につけ、常に、財布の中を綺麗にすることを心がけましょう!


スポンサードリンク

保管期間をしっかり決めよう!1ヶ月の期間を過ぎたレシートはすぐに廃棄しよう!

上手に保管できたとしても、できた事に満足して保管しっぱなしにしたら意味がありません。レシートは紙ですので、あっという間に増えてしまいます。

そこで、大事なのが保管期限を決める事!これは、なかなかやっていない方も多いはず。どんどん、どんどんたまっていってしまいます。

大抵、毎月の家計簿などにまとめたらそのレシートは不要となります。後で、また見直したり、必要となったりするかもしれない。と思っても、必要となる事はありませんよね。

レシートの保管期限は1か月と決め、毎月の家計簿等のまとめをしたら、すぐに破棄しましょう!時間がなくてできなかった方、後でやろうと思ってもなかなかできないと思いますし、何か月も後にやったのでは、家計を管理するうえで意味がありませんね。

毎月単位で管理する事を目指して、1か月の保管期限を過ぎたら捨てる、という事を頭に入れておきましょう。

これで、保管しておいただけのレシートがいっぱい!後から出てきた、って事もなくなりますね。何事も日頃の積み重ねがとっても大切です。ちゃんと保管期限を守って、ためこまないようにしましょう。

まとめ

財布にレシートがいっぱいの方も多いと思いますが、財布はいつでも綺麗な方が、使いやすいし縁起も良さそうです。

そんなすぐにたまってしまうレシートは、財布にためずに、小さなケースやポーチに保管しましょう。そのようなものに保管する事によって、見た目もスッキリし、まとまるのでおすすめです。

また、保管期限も1か月と決めて、不要になったものはすぐに捨てるという習慣をつけましょう。

レシートに限らず、不要なものは捨てることは、すっきりとした生活をするのに大切なことです。まずは、上手にレシートを保管して、家計の管理をすっきり見直してみましょう。



スポンサードリンク