蚊の駆除をペットボトルで!?蚊に困っている方必見!!

夏場になると楽しいこともある反面、厄介なこともたくさんありますよね。熱中症などがその代表でしょうが、蚊に悩まされることも多いでしょう。

夜に蚊に刺されてしまったことで、かゆさのため寝苦しくなってしまったりしますよね。また、蚊は病気を持ち込んでいる可能性もあります。蚊はそれだけ厄介な存在なので、なんとか対処したいものです。

そんな蚊ですが、実はペットボトルを使って駆除できるのをご存知でしょうか?意外な駆除方法ですが、蚊に困っている方は、ぜひこれからご紹介させていただくことを参考にしてみてください。


スポンサードリンク

ペットボトルを使用した駆除方法

ペットボトルを上手く活用すると、蚊取りボトルとして蚊の駆除に役に立ちます。手軽に入手できる道具を使用して蚊を上手く駆除しましょう。

蚊取りボトルを作るためにはまず以下の道具を揃える必要があります。

用意するもの

・2リットルのペットボトル
・ドライイースト2g
・熱湯200ml
・ブラウンシュガー50g

どれもスーパーなどで手軽に購入できるものです。道具を用意したら以下の手順で蚊取りボトルを作りましょう。

作り方

1.まずはペットボトルの上の部分1/3を切り取る
2.その後残った下側に、ブラウンシュガーを全部入れて熱湯で溶かす
3.熱湯が40度くらいまで冷めたら、ドライイーストを入れる
4.スプーンなどで軽く混ぜる
5.切り取った部分を逆さにして差し込む

この手順で蚊取りボトルを作ることができます。

蚊取りボトルを作ったら、あとは設置しておくだけで自然に蚊を駆除してくれます。ペットボトルの周囲を黒いビニールなどで覆っておくと、さらに蚊を引き寄せてくれるので覚えておきましょう。

ちなみになぜこれで蚊を駆除できるのかと言うと、ドライイーストに含まれるイースト菌が発酵するからです。イースト菌の発酵により二酸化炭素が発生します。蚊は二酸化炭素に反応するので、それに引き寄せられるのです。

蚊取りボトルの設置場所は、庭やベランダなどで雨をしのげる場所にしましょう。そして使用期間はだいたい2週間となっているので、2週間経ったら新しい蚊取りボトルに交換するようにしましょう。


スポンサードリンク

蚊に刺されないための対処法

蚊取りボトルで蚊を駆除できるとは言え、外出先などではそれが通用しませんよね。そこで、蚊に刺されないための対処法をいくつかご紹介します。

まず最も効果的なのが虫除けスプレーです。外出するときに、軽く虫除けスプレーをつけていくだけでもだいぶ変わります。

そして次にこまめに汗を拭きとることです。蚊は汗に含まれる乳酸と水分にも反応して近寄ってきます。そのため汗かきの人なんかは蚊に狙われやすいのです。蚊から狙われにくくするためにも、汗はこまめに拭き取るようにしましょう。

他にも、柑橘系のアロマオイルを使用するのも効果的です。蚊は柑橘系の香りが苦手で、中でもレモンの香りが特に苦手だと言われています。そのため、レモンの香りのアロマオイルを使用してみましょう。

また、蚊は服装によってもある程度対策することができます。蚊は暗い色に寄ってくることがわかっているので、黒や赤のような色は避けて白や黄色のような色の服を着るようにしましょう。

まとめ

蚊はかゆみだけでなく、病気まで運んでくる厄介な虫です。何も対策しないでいると、せっかくの夏を苦しい想いで過ごさなければいけなくなる恐れがあります。

今回ご紹介した、蚊取りボトルなど蚊の対策で使える方法を是非参考にしてみてください。これまでより蚊に刺されることが確実に減るので、蚊に悩まされない楽しい夏を送れますよ。



スポンサードリンク