冷房と除湿、どう使い分ければいいの?

日本という国の素晴らしいところの一つとして、春夏秋冬の季節の分かれ目がはっきりしていて、四季折々色々な楽しみ方ができる点が挙げられます。ただどうしても毎年厄介だなと思ってしまうのが、高温多湿な日本の夏。

昼の時間帯が長く、夏休みで会社や学校が休みなので、一日中思いっきり遊ぶことができる楽しい季節なのですが、とにかく蒸し暑いですよね。気温が高くてもからっとしていれば不快なこともないのですが、じめじめしていることから、ちょっと歩いただけでもすぐに汗だくになってしまうので、ストレスを感じてしまう季節でもあります。

そんな日本の夏を乗り切るため、日本のエアコンは「冷房」という機能だけでなく、湿度を下げるための「除湿」という機能がありますね。おそらく欧米諸国のエアコンに除湿機能を備えているところはそんなにないのではないかと思います。

ただ、当たり前のように搭載されている日本のエアコンの除湿機能、みなさんは上手に使いこなせているでしょうか。お恥ずかしい話、私は「涼しくなればなんでもいいや」という考え方なので、夏はとにかく冷房で温度を下げていて、除湿機能はあまり使っていません。

でも、せっかくエアコンに付いている機能なので使わない手はないですよね。今回は、除湿機能と冷房機能の違いと、2つの機能は電気代に差があるのかについて、考えていきたいと思います。


スポンサードリンク

冷房と除湿の違い

それでは冷房と除湿の違いについて説明していきます。まず、冷房は部屋の「空気の温度」を下げるための機能になります。冷たい風で部屋の中にこもっている熱を暑い部屋から追い出すことで、部屋を涼しくしてくれます。

一方、除湿はと言いますと、漢字の通り「湿」度を取り「除」く、すなわち湿度を下げることを考えた機能です。その仕組みは、冷たい空気で熱を冷ます冷房とは逆に、エアコンが部屋のジメジメした空気を吸い込みます。

吸い込まれた空気は、エアコンの中にある熱交換器を通して、水分を集めるために温度が下げられます。すると、空気中からいらなくなった水分が水滴となり、室外機を通して外に出ていくのです。これが繰り返されることで部屋の湿度が下がっていく仕組みになっています。

ちなみに、除湿機能には2つのタイプがあります。一つは「弱冷房除湿」というもので、水分を集めるために温度を下げた空気を、そのまま部屋に戻すという機能です。

もう一つは「再熱(さいねつ)除湿」とよばれるもので、その名の通り水分を集めるために温度を下げた空気を、ちょうどいい温度に温め直してから部屋に戻す機能です。温度の下がった空気をそのまま部屋に戻す弱冷房除湿の方は、除湿といえども冷房のように若干肌寒く感じることがあります。


スポンサードリンク

電気代に違いはあるのか

この2つの除湿機能と冷房機能、電気代にはどのくらいの違いがあるのでしょうか。比較対象としては、冷房、弱冷房除湿、再熱除湿の3つになりますが、再熱除湿は部屋に戻す空気を温め直す分、冷房や弱冷房除湿と比べて多くの電気を消費することになります。

それでは再熱除湿はなるべく使わないようにした方がいいかと言うとそうでもありません。私たちは暑いととにかく冷房の温度を下げがちで、それによって体が冷えてしまい体調を崩すこともありますよね。そのため、部屋の温度を下げすぎない再熱除湿は、非常に重要な機能ですし、冷房も設定温度を下げすぎると再熱除湿より多くの電力を消費しますので、かえって電気代がかかってしまうこともあるのです。

まとめ

ここまで冷房と除湿の機能の違いとそれぞれの機能の電気代の差に関してお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。冷房と除湿は蒸し暑い夏を乗り切るためには欠かせない機能ですが、それぞれの機能にはしっかりとした違いがありますので、温度が高くなる真夏には冷房を、梅雨時期や雨の日などジメジメする時期には除湿を、という風にしっかりと使い分けていきたいものですね。



スポンサードリンク