留学するときに保険は入る?それとも入らない?

人生の中で、大きな出来事はたくさんありますよね。一つ一つが経験となり、将来に役立ちますが、留学もその一つです!そんな一大出来事、留学する時に保険には入る?入らなくても良いの?

医療保険に生命保険、地震保険や火災保険、旅行する際の旅行保険など、様々な保険がありますよね。保険とは、万が一何か起こった際のものです。入らなくても大丈夫だけど、入るに越したことはない、入っとけば安心感があるというものです。


スポンサードリンク

まずは留学する際の保険について知ろう!

留学保険もその一つです。人生の一大イベントでもあり、貴重な体験をすることができる海外留学。語学を学ぶだけでなく、その国の文化や人との関わりなどを学べ、世界観が大きく変わる素晴らしい経験となります。是非、若いうちに時間がある時に行っておくことをおすすめします!

そんな留学ですが、慣れない海外へ一人で行くという不安は大きいかと思います。何か起こるかもしれない、そんな時に備えるのが留学保険でもあります。入らなくても平気だとは思いますが、入った方が良いか入らなくても良いか迷ったら、断然入っておくべきだと思います!

ですが、留学保険について知らなかったら入っていても意味がありませんよね。留学保険についてみてみましょう。

留学保険には種類があり、日本の保険会社によるものと海外の留学先の大学などによるものがあります。

日本の保険会社による留学保険は、留学に行く前に、日本で加入し手続きをする一般的なものです。金額によって補償の内容が選べ、滞在期間によって金額が変わってきます。だいたい、例えばアメリカに1年程ですと15~25万となっています。

また、海外の大学が指定する保険もあります。内容は、現地の人が加入する生命保険と同じ内容という場合が多いです。例えばアメリカですと一年程で500~800ドルといった感じです。

まずは、日本の保険会社に加入し、その後の滞在などの延長を考えて、現地の保険会社に加入した方が良さそうですね。留学へ行く学生は海外初心者の方が多いはず。日本の保険会社の方が理解しやすく、安心できます。また、現地で保険加入の手続きをするというのは、思った以上に大変ですよ。


スポンサードリンク

留学保険のメリット・デメリットとは?

留学保険に入ろうか入らなくてもよいか迷う方も多いかと思います。そこで、留学保険のメリットとデメリットをみてみましょう!

留学保険のメリットとして、補償内容がしっかりしていて、クレジットカードについている保険や旅行保険よりもしっかりとした内容となっています。一般的な補償の他に、留学中にスーツケースやパソコンや時計などの盗難があった場合も補償されます。

他にも、ホームステイ先で物を壊したりして請求された際にも補償されます。日本とは異なり、海外の方ははっきりしていますので、請求するときは遠慮なく言ってきます。現に、私も、ホームステイ先のトイレを溢れさせてしまい、請求するよと言わました。

その他、何が起こるか分からない海外留学ですので、急な時も日本語ができるスタッフが対応してくれたり、支払い後払いOKで医療機関を紹介してくれたりと、大変安心できるサポーとが受けられるのが大きなメリットであります。

一方デメリットとしては、やはり金額の面がありますね。割引プランや留学とのセットプランがなく、大変高額な金額となっています。また、アクシデント等何事もないと、人によっては高いだけで必要なかったと感じてしまう方もいるかと思います。

国によっては、あまりサポート体制が整ってなかったり、保険が受けられなかったりということもありますので、注意が必要です。

まとめ

留学保険のメリットとデメリットをご紹介しました。留学保険は他の旅行保険とは違い、様々な補償がありますが、金額は高額です。格安で留学を考えている方にとっては悩みどころですね。

もちろんクレジットカードについている補償だけで乗り切るのも手ではあります。しかし、何が起こるか分からないのが海外留学。滞在日数によっても、入った方が良いかどうか変わってくるでしょう。事前にしっかりと考え、後悔のない海外留学にしましょう!



スポンサードリンク