意外と知らない雑誌の捨て方。ガムテープと紐、どっちを使ってもいいの!?

雑誌を買って読んだはいいけど、捨て方に困ったことはないでしょうか?雑誌はたまってくると、思った以上に重くてかさばりますよね。だからこそ、運ぶときはコンパクトにしたい!と思いませんか?

雑誌の捨て方でガムテープと紐、どちらを使えばよいのか調べてみました。この記事が皆さまのお役に立てると幸いです。


スポンサードリンク

ガムテープで縛って捨てるのをNGとしている自治体が意外と多い!?

私は雑誌を買って読むのがとても好きなので、よくコンビニで雑誌を買います。楽しく読んでいるうちはいいのですが、気が付くと知らず知らずのうちに雑誌が山のようにたまっていきます。そして大変なのが、雑誌を捨てる作業です。

1冊、2冊なら可燃ごみとし、他のゴミと一緒に挟んで捨てますが、量が増えていくとそういうわけにはいきません。適切な捨て方をしなければいけませんね。

雑誌を捨てるためとき、紐をつかって縛ることってありますよね。でも、雑誌・新聞紙等をしっかりと縛るのは、思った以上にコツがいります。

そんなとき、雑誌を簡単にまとめられるのは、ガムテープです。単純にガムテープを雑誌にくるくると巻くだけでよいので、とても簡単ですよ。

しかし、自治体によっては、ガムテープを使用する方法をNGとして、雑誌の捨て方を決めていることも多いです。

私もいくつかざっと調べてみましたが、ガムテープの使用を認めている自治体を見つけることができませんでした。


スポンサードリンク

必ずお住まいの自治体のホームページで確認しましょう!

例えば新宿区では、雑誌を捨てるときにガムテープを使用すると、回収してくれないようです。「新聞、雑誌、本、ダンボールは、束ねて紐でしばること。」とされていました。東京近隣の自治体は、禁止しているところが非常に多いようですね。また、写真付きで詳細に雑誌の捨て方が指定されている自治体もあるようです。

せっかく、読み終わった雑誌等を捨てようとしても、誤った方法でまとめると回収してもらえないので、気をつけましょう。ゴミ捨場に朝出しておいたゴミが、夜に帰ってみると残されていたらいやですよね。

私の母親が話してくれましたが、近所の人でこの残されたごみを誰が出したのか、調べるいやな人がいるようです。そういう人にマークをされたくないですよね。気をつけましょう。

自治体は雑誌等のごみを回収した後、リサイクルしますが、ガムテープ等を使用していると、リサイクルの支障になってしまうので、NGとされているようです。

まとめ

いかがだったでしょうか??雑誌を捨てるときにガムテープがいいのか紐がいいのかと悩んでいた方も、これで少しは悩みが解決したのではないでしょうか??

自治体によって、雑誌の廃棄方法は異なりますが、ガムテープではなく、紐を使うよう案内している自治体も多いです。まずは、ご自身の住む自治体のHPを確認してください。

皆さまが雑誌を捨てる時に、何かのお役に立つことができれば幸いです。



スポンサードリンク