お昼寝用布団のバッグの作り方とは。

保育園や幼稚園に入園すると決まれば、必要になるお昼寝用のお布団を持ち運ぶためのバッグ。せっかくだから、手づくりしてみたい♪という方のために、今回はお昼寝用布団を持ち運べるバッグの作り方のご紹介です♪


スポンサードリンク

お昼寝布団をお手軽に持ち運ぶためのバッグの作り方

用意するもの

バッグ用:
・44㎝×66㎝(表裏一枚ずつ)
・13㎝×24㎝(ポケット用)
・20㎝×44㎝(底布用)
・持ち手用ヒモ 32㎝を2本

その他:
・アイロン
・針
・糸
・マチ針
・厚紙(1㎝幅で線を引いておく)

作り方

参考:https://www.youtube.com/watch?v=tIUCeh7l2V0

①底布の縫い代にアイロン
長い方にアイロンをかけます。動画では、布に線を書くのではなくて、厚紙に1㎝幅の線が書いてありました!

②半分に折ってアイロン
真ん中に型をつけます。表に出る方が山になるようにしましょう◎

③表布を半分にしてアイロン
柄を上にしてアイロンをかけます。

④表布と底布を重ねる
②と③でつけた線が重なるようにします。山折に、山折を重ねて、マチ針で固定しましょう◎

⑤ミシンをかける
ミシンと布の合わせ方は動画でわかりやすく解説してあります^^(0:58頃)針は抜きながらかけていった方が良いかもしれません。ミシンをかける場所は、底布で1㎝の縫い代を作った折り目です。

⑥ポケットの準備
裏布に付けるポケット。三つ折りにするそうなのですが、動画には折り方の解説がなく…

布の端が出ないように縫い付けてあるので、4辺を縫い代1㎝ずつ折り目をつけて、口の部分だけ3回折って頑丈にするのだと思いますが…。動画で見る限りではそんなに分厚くないような…。折ってみて、幅が狭いようなら折り目を減らして大丈夫だと思います(*^^*)

⑦ポケットを縫い付ける
裏布にポケットを縫い付けます。場所は動画でご確認ください。(1:08頃)口の部分の両端はほつれやすいので繰り返し縫って頑丈にします◎

⑧持ち手をつけます
10㎝の幅をあけておくと良いです◎持ち手は下に垂らすように置いて、5ミリのところで縫いつけます。

⑨表布と裏布を重ねて縫い付けます―ヒモがついている線
布の向きは、中が表になるように重ねます。そうやって縫うと、布は端が表に出ないように縫えますね^^縫い代は1㎝です。ポケットもヒモも中に入れ込みましょう。

⑩今縫ったところを重ねます
そうすると、左右で表布と裏布に分かれます。しっかりとマチ針で固定しましょう◎

⑪残りの布端を縫い付けます
真ん中から端に向かって縫い進め、1か所だけ、10㎝程度縫わずに残しておきます。ここが返し口になるので、縫ってしまうと大変です!

⑫返し口から布を裏返します
ちょっとてこずるかもしれませんが、頑張って裏返します。

⑬返し口をふさぎます
折り目にアイロンをかけて、手縫いで縫います。はしごまつりという縫い方だと、表に縫い目が見えないようにできます^^

はしごまつりの縫い方の動画:https://www.youtube.com/watch?v=N3FxPFpEziE

⑬裏地を中におさめて、アイロンをかけます

⑭バッグの口の部分を縫って、完成☆
ヒモを頑丈にしたいときは、四角に縫って、中もバッテンに縫いましょう。ちょっと工程が多いので大変そうですが、ゆっくり動画を見ながらミシンを使えば簡単に作れますよ(*^^*)

また、アイロンがけは面倒かもしれませんが、した方が何倍も楽に作れます^^


スポンサードリンク

こどもに人気な柄とは

男の子車や動物、恐竜で、色は青系が人気ですね(*^^*)
女の子リボンやケーキ、果物、色はピンク系が人気です^^

男女どちらとも、キャラクター物も人気があるようですが、それだと飽きがきてしまったり、他のキャラクターが好きになった時に大変かもしれません。

まとめ

以上、入園グッズのお昼寝用のお布団を持ち運べるバッグの作り方のご紹介でした♪

自分が作ったバッグを持って保育園や幼稚園に通ってくれるのって、とても嬉しいですよね!縫う線も直線が多くて、ゆっくり丁寧に作れば、初心者さんでも簡単に作れるので、是非挑戦してみてくださいね(*^^*)



スポンサードリンク