髪の毛って寄付できるの?髪の毛の寄付の仕方とは?

国内、そして国際的にも、色々なものの寄付が行われています。ですが、髪の毛も寄付できるって、本当でしょうか?髪の毛の寄付の仕方とは?

髪の毛の寄付ができるって本当でしょうか?そもそも、自分の髪の毛が使われるってなんだか変な感じがするかもしれません。一見、賛否両論がありそうな寄付ですが、この寄付も病気などで髪の毛がない子供達の為の寄付であります。

あまり知れわたっていないのも現実ですが、髪の毛を寄付するのはヘアドネーションというボランティアです。癌や白血病、生まれつきの病気、または事故などで髪の毛がない子供たちが大勢います。そんな子供たちに、寄付された髪の毛を利用し、医療用のウィッグを無償提供しているのです。


スポンサードリンク

髪の毛の寄付の仕方とは?

髪の毛がない子供たちに少しでも多くの笑顔をという願いを込めて、特定非営利活動法人HEROが行っています。

今まで、ただ単に切っていた髪の毛が、子供たちの為に役に立つなんて考えてもみませんでした。ごみとなる切った髪の毛が人の為になるなんて、こんな簡単な寄付なら自分にでもできるかもと思った方も多いのではないでしょうか?

そんな、髪の毛の寄付の仕方はというと。方法はいたって簡単です、行きつけの美容院でカットした髪の毛を封筒やレターパックなどに髪の毛をゴムに留めてまとめた状態で郵送するだけ。

名前や住所を書いた紙を同封して、簡易包装での発送が案内されています。ビニール袋や紙でつつんだり、段ボールなどを利用することは避けてほしいと記載されていますので、一度HPをご確認ください。髪の毛が無事に届き受領されると、ホームページのトピックスに掲載されますよ。

ただし、美容院の方に事前に相談してから行いましょう。ヘアドネーションに賛同の美容室もありますので、そちらを利用するのも手です。そこなら、髪の毛の寄付について慣れていて、スムーズに作業ができると思いますし、郵送までお願いすることもできる場合があるようです。

また、自宅でご自身でカットした髪の毛でも可能とのこと。誰でも寄付できるような仕方になっているのですね。

実は、一人の子供のウィッグを作るのに、20人~30人の髪の毛が必要です。一人でも多くの子供に寄付をする為、経費はなるべく削減しているようです。

そんな理由から、簡易梱包で誰もが簡単に寄付できるような方法になっていたり、感謝状の送付なども行ったりはせずに、ホームページ上での掲載をする等、仕組みがしっかりしていると感じます!


スポンサードリンク

誰でも簡単にできる髪の毛の寄付、髪の毛の条件はあるの?

髪の毛の寄付は、思ったよりも簡単に誰でもできるとご紹介致しました。今まで知らなかった人も、やってみようと思ったのではないでしょうか?

そんな髪の毛の寄付ですが、髪の毛に条件はあるのでしょうか?まずは長さが重要で、31cm以上あることが条件です。最短でも医療用のウィッグを作るのに必要な長さの様です。

そして、髪の毛が完全に乾いている必要があります。長さも乾いた状態での長さとなります。湿気が多いと、髪の毛もダメージを受け使えなくなってしまいますので、注意しましょう。

気になる髪の毛の色や状態ですが、カラーやパーマ、白髪であっても大丈夫。髪の毛のダメージも心配する点ですが、切れてしまう程でないダメージでしたら問題ありません。

また、何人もの髪の毛を一緒に郵送する場合は、それぞれの人ごとに分けて送る必要があります。ほどけやすいので、切り口を輪ゴムでしっかりと止めましょう。

髪の毛の条件は長さが満たされていれば、それほど難しくはないようですね!長い髪をばっさりと切る際に、切った髪の毛がもったいないな~と感じたことはないでしょうか?そんな時こそ、この髪の毛の寄付の仕組みがある事を頭に入れておいて、利用してみましょう!

まとめ

病気や事故で髪の毛がない子供たちの為に誰でもできる寄付、髪の毛の寄付についてみてみました。知らなかった方も多いこの寄付の仕方はとても簡単です。

誰もができるような方法で、切った髪の毛を輪ゴムでしばって郵送するだけ!長さだけ31cm以上であれば、カラーやパーマをしていても、多少のダメージがあっても寄付する事ができます。

普段もったいなあと思っていた切った髪の毛が、人の役にたつなんて凄く素晴らしいことですよね。人助けはちょっとしたことから始めるのが大切、少しでも髪の毛の寄付が広まるように考えてみましょう!



スポンサードリンク