テレビが映らない!?そんな時はカードを確認しよう

テレビを置いていないという家庭はなかなか無いですよね。一家に一台はテレビを置いているかと思います。

そんなテレビが映らなくなってしまったときありませんか?いつもニュースを観たり、バラエティ番組を観たりするのに、映らなくなってしまったらとても不便ですよね。

でも、実は意外とちょっとした原因でそうなってしまっているだけだったりします。どんな原因でテレビが映らなくなるのか、これから詳しくご紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

カードが原因でテレビが映らない

テレビが映らなくなってしまう原因に、カードが関わっている場合があります。B-CASカードと呼ばれるもので、テレビにはだいたいついているものです。

このB-CASカードは、テレビによって差し込み口が違うので、まずは自宅のテレビはどこにB-CASカードが挿入されているのか確認しましょう。隅々まで探してもどこが差し込み口かわからない場合は、取扱説明書を確認してみると、簡単に見つけることができます。

B-CASカードを見つけたらあとは簡単。一度抜き取って再度挿入してみましょう。ほとんどの場合は、これでテレビが映るようになるはずです。

もしこれで映らないとなると、B-CASカードが故障しているのかもしれません。知り合いにカードを借りて、自分のテレビに差し込んでみて映るようであれば決定的でしょう。

そうなった場合は、株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズのカスタマーセンターに連絡する必要があります。また、カードの再発行は、購入後3年経っていると2050円取られてしまうので気をつけましょう。


スポンサードリンク

それでも映らなかったときは

カードを差し直してみた、新しいカードを発行してみた、それでもテレビが映らないという場合はもちろんあります。その場合は、カード以外が原因でしょう。

なぜ映らないのか、いくつかケースをまとめてみたので試してみてください。

電源コードが刺さっているか

意外とありがちなうっかりミスです。テレビの故障でもなんでもなく、電源コードが抜けていたなんてことは意外とあります。

他にもなんらかの原因、例えば個別のブレーカーが下がっていたりして、電気が通っていない可能性もあります。テレビにしっかり電気が通っているのか、今一度確認してみましょう。

テレビ間の機器の確認

ビデオデッキなどの各機器からテレビへと、しっかり配線が刺さっているのか確認してみましょう。もしかしたらどこか配線が抜けてしまっている可能性もあります。

また、各機器のどれかの電源が切れてしまっている可能性も。その場合もテレビが映らないので、各機器の電源が付いているか確認してみてください。

そしてもしかしたら各機器が故障しているのかもしれません。配線が繋がっているのに電源がつかないという場合は故障の可能性がありますので、修理するか新しいものに変えましょう。

天候による原因

これは一時的なケースですが、天候が原因でテレビが映らないという場合があります。
雨などによって電波が極端に弱くなってしまい、そのようなことになってしまうのです。

この場合は故障でもなんでもないので、こちらでは何もすることができません。天候が良くなるまで待ち、その後再度テレビが映るか試してみましょう。

まとめ

テレビが映らなくなる原因は意外と単純なものだったりします。まずはB-CASカードを差し直してみましょう。

それでもテレビが映らなければ、それはカードが故障しているか他に原因があると考えられます。テレビ自体なのか、それとも他の機器なのか、一つ一つ確認してみてくださいね。



スポンサードリンク