貰うと嬉しい色紙の寄せ書き。飾り方を工夫してオンリーワンの色紙を作ろう!

誰かとのお別れは寂しいものですが、別れと出会いの季節は巡ってやってきますね。大切な人への気持ちを形にして伝えたいとき、寄せ書きの色紙をプレゼントするという方もたくさんいらっしゃることでしょう。

私もこれまでに、心の困った手作り寄せ書きの色紙を何度かもらったことがありますが、
やっぱり、うれしいです。今回は色紙に飾り付けをする方法を紹介したいと思います。


スポンサードリンク

渡す相手が好きなもののシールを貼ってみよう!

最近ではダイソーなどの100円ショップで、かわいいシールが手に入ります。使い方はすごく簡単で便利です。

シールの中にも、ただのシールではなく、メッセージが書けるようになっているシールもあります。そのメッセージシールを、書いてもらいたい人に渡しておいて、書いてもらったら、そのメッセージシールを色紙に貼っていくだけで簡単に作ることができます。

最後に貼る時間は必要ですが、色紙をいちいち書いて回していかなくてもいいので、その点が便利ですね。また、シールを使うことで、お手軽にきれいな色紙を作ることができると思います。


スポンサードリンク

カラーペンで彩り豊かにして、渡す人の視線を釘付けにしよう!

カラフルな明るい印象にしたい場合に便利なのはカラーペンです。とてもきれいに完成しますよ。黒だけではなく、カラフルな方が見た目にも綺麗なので、是非使いましょう!

100円ショップのカラーペンコーナーも充実していて、たくさんラインナップされています。10本セットで100円なんてものもあったりします。その他に、ラメペンなども使ってみると、より美しくなると思います。

ただし、明るい色は紫外線や赤外線の影響で、数年後には色落ちしやすいそうです。カラフルな赤やピンク、オレンジ系の明るい色を使いたいところですが、せっかく書いた文字が色あせてしまうのはもったいないので、黒や青、緑系の濃い色を使いながらバランスよく書いていきましょうね。

まとめ

太いペンで書くと、細かいところが書きにくく、失敗する場合が多いので、細いペンを使ってみて下さい。喜んでもらえるオリジナルの色紙が作れますように。

寄せ書きのメッセージは、結婚式やお別れの時などのうれし時や、退職・卒業などで、お世話になった先輩や友達に、お世話になった気持ちを伝えるものですよね。

たった一枚の紙の中に、お友達や知人からのさまざまな思いがこもっていて、何よりもうれしい世界に1枚しかない最高のプレゼントです。



スポンサードリンク